小豆島に「生そうめん」なる新概念。しかもオリーブ入り!


小豆島では、そうめんの生産も盛んです。もともと手延べそうめんが伝わったのが約400年前と言われています。伝統の製法にこだわり、独特の風味と歯ごたえ、コシがあって美味しいと評判です。『株式会社中武商店』も、そうめんやうどんを製造する会社。その敷地内にある直営の飲食店が『なかぶ庵』です。
a-takahan0501


もともと、製麺工場だった建物を利用しているので、天井が高く、ゆったりとした雰囲気。
a-takahan0502


ふと見ると隣の部屋ではそうめん作りをなさっていました。機械切りでなく延ばして作成する手延べそうめんは、冬場の生産のはず。
a-takahan0503

a-takahan0504


「不思議だな?」と思ったら、なんと「生そうめん」という商品が!
a-takahan0505


他にも店内では通常のそうめんなども販売なさっています。
a-takahan0506


社長の中武義景さんは、こちらがご実家で、代々、小豆島に住まわれているそう。実は、もともと銀行員で、いわば脱サラでそうめん会社を始めたのだとか。最初は、そうめんの箸入れという工程の体験などを行っていて、その後、参加者が「そうめんを食べたい」という事になり、お店も作ったそう。(そうめん箸入れ体験ももちろん現在もなさっています)。
a-takahan0511


そして、通常のそうめんに加えて、新たに考案したのが「生そうめん」。
「昔、まかないで食べていたそうめんの食感を思い出して、それを進化させた感じです」と中武さんが笑います。

「生そうめん」
乾麺タイプに比べてでんぷん質が多いため、もちもちとした食感が強めのそうめん。見た目も色白で、綺麗ですね。「生」という意味がすごくよくわかる一品。カツオや昆布ベースのつゆで頂きます。
a-takahan0509
a-takahan0510


そして、新登場したのが、やはり生タイプの「オリーブそうめん」
中武さんはオリーブも生産なさっていて、その自社農園産100%の果汁を麺に練りこみ、これまた自社農園産100%のエクストラバージンオリーブオイルを麺に塗っています。
ほんのりと風味もただよう、斬新なそうめん!抗酸化作用もあって、健康的!
これ、言葉でいうのは簡単ですが、実際に商品化するのは大変だったそう。というのもオリーブはそのままだと苦いのです。なので、水あめと一緒に炊く事により、苦さを抑えているのだとか。なるほど!勉強になりました!
a-takahan0507
a-takahan0508



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


なかぶ庵
香川県小豆郡小豆島町安田甲1385
0879-82-3669
10:00〜15:00ごろ(なくなり次第終了)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)、他不定休あり(要問合せ)
生そうめん 600円
オリーブそうめん 700円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52114832.html