朝6時から高松市で王道の讃岐うどんをいただく


香川県内には約800軒のうどん店があり、美味なる有名店も数多いです。その中から、今回は高松市のことでん瓦町駅から徒歩約7分のところにある『手打十段 うどんバカ一代』にご訪問です。
a-takahan0701


ご主人は見谷章さん。10数年勤めた四国電力グループ会社を退職してまで、うどん店をやりたかったという、根っからのうどん好き。極真空手初段をお持ちで、空手は黒帯だけれど、うどんでも黒帯、そしてもっと凄い麺を作りたいと、自分に言い聞かせるために「手打十段」と店名に入れたのだとか。

時刻は朝6時。どうしてこんな早朝に?と思うかもしれませんが、お店が6時オープンなのです。そこで1番乗りを目指してやってきたというわけ。
a-takahan0702


お店は典型的なセルフ方式のうどん店。レジ前には、ずらりと美味しそうな天ぷらやおにぎり類、お惣菜などが並んでいます。それらをお盆に自ら取り、レジで好きなうどんメニューを申告して代金を支払い、うどんが出来上がったら取りに行くというスタイル。
a-takahan0709
a-takahan0710
a-takahan0711


いろんなメニューがありますが、一番人気は「釜バターうどん 生卵付き」
珍しいですね。釜玉とか釜あげはよくありますが、釜バターです。発祥店という説もあったり。
a-takahan0703


釜あげのうどんの上にバター、そして生卵。それを自分でよく混ぜて頂きます。
a-takahan0704


こちらのうどんはコシがあるタイプではなく、舌触りや喉ごし、噛んだときの食感を重視したもちもちタイプ。それが釜あげといって茹でて湯切りをしただけの状態なので、さらにもっちりとしたうどんの食感、そしてふわりと漂う小麦粉の風味が楽しめます。
しかも、そこにバターのコク、生卵の旨味が加わっていて、ダシ醤油の優しい甘じょっぱさも一体化。もう、美味しいのなんのって。しかも早朝にぴったり!
a-takahan0705
a-takahan0706


「かけうどん」もオススメです。もちもち感重視のうどんに、あっさりとしたイリコだしのツユ。これぞ「The 讃岐うどん」というビジュアル。青ネギや天かすなどもセルフなので自分で入れます。
a-takahan0707
a-takahan0708


お話を伺ったりとかして、食べ終わる頃には店内は、大盛況です。
でも、まだ6時30分くらい。一日がとても有意義に過ごせそうな気がしてきました♪
a-takahan0712


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


手打十段 うどんバカ一代 (てうちじゅうだん うどんばかいちだい)
香川県 高松市 多賀町1-6-7
087-862-4705
6:00〜18:00
年中無休(1月1日のみ休み)
釜バターうどん 生卵付き 小 490円
かけうどん 中 290円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52114832.html