ついに奄美にも誕生!本格手打ち十割そば


最近では熊本にもそば街道があったり、鹿児島市内にも本格的そば店が出来たりという時代ですが、奄美大島は長年、こだわりのそば店というのが難しい地でした。しかし2016年に『夢や』がオープン。地元の食通を唸らせています。
a-amahan20401


ご主人は西村公一さん。実は奄美大島の伝統産業である大島紬の機屋(はたや)を経営なさっています。デザインを考え、社員が機織り。そのため、全国に伺うも多く、そのうちそばにも傾倒していったというわけ。
「打ち方などは特に関西のおそば屋さんが教えてくれたんです」と西村さん。
a-amahan20402
a-amahan20403


そのそばは、手打ちの十割。毎朝、打つのだとか。
これでも太くなったそうですが、茹で時間は25〜30秒。
a-amahan20404


壁にはいろいろと産地が書かれた紙が貼られていますが、都度、変わっていくそう。
今日のそば粉は、北海道と熊本。
a-amahan20405


さっそく作っていただきましょう。
a-amahan20406


「割子そば 三種盛」
おお、三種類の味を楽しめるのは嬉しいですね!
a-amahan20407


納豆又は揚玉、大根おろし、ねぎ
直接にツユをかけていただきます。
さすが十割そば。風味も豊か。
a-amahan20408
a-amahan20409


がごめ昆布、山芋、ねぎ
東京の築地巡りが好きで、通っているうちに見つけたのが、この、がごめ昆布。
糸をひくほどの粘りが凄すぎます。
a-amahan20410
a-amahan20411


かき揚げ、ねぎ
ごぼうとにんじんのかき揚げで、そば粉がメイン。
『夢や』では、グルテンフリーも考慮しつつ。
a-amahan20412
a-amahan20413


a-amahan20414


他にも「かき揚げつけ麺蕎麦」
やや濃いめのつけ汁で味わう十割そばもいいですね。
ザクっとしたそばの歯ごたえや、風味の良さが楽しめます。

a-amahan20416
a-amahan20417
a-amahan20418


ふと見ると壁には奄美で採れる魚たちの説明ポスターがありました。
a-amahan20421


西村さんも釣りが好きで、さまざまなルアーを集めています。
そんな話をきいていると!
a-amahan20422
a-amahan20423


そばがきのチーズ包み
そば切りよりも古い歴史のあるそばがき。それを用いて寿司のように握りタイプに仕上げています。まろやかなそばがきの食感、そしてじゅわっと伝わるつけ麺の味わい。
a-amahan20424
a-amahan20425


さらに夜メニューですが、通常のそばの他に、そば粉を用いた様々な創作料理も3月から提供なさっていくそう。
a-amahan20426
a-amahan20427


ガレットピザ
自家製トマトソースとミックスチーズなど
a-amahan20428
a-amahan20429
a-amahan20430


そんなお話を伺っていたら、なんとコーヒーまで。
奥様は隣で『夢はうす』という手芸用品店をなさっていて、その奥様の知り合いが焼いてくれた器だそう。
a-amahan20431



普通のおそば屋さんと違った、まるでサロンのような雰囲気まで醸し出す1軒でした。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!



そば処 夢や (ゆめや)
鹿児島県奄美市名瀬末広町1-29
0997-53-7356
11:30〜14:00 18:00〜20:00L.O
不定休
割子そば三種盛 900円
かき揚げつけ麺蕎麦 900円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52121961.html