JAL側は5月下旬にUP予定


こだわりの自家製うどんと研究熱心さで評判


宮崎駅から西南西に約50辧▲ルマだと約1時間。宮崎と鹿児島の中間あたりに都城市があります。薩摩藩のお殿様として知られる島津家の発祥の地ともいわれ、また最近では2016年の「ふるさと納税」で寄付金額が日本一に輝くなど話題の市です。
そんな都城市で大評判のうどん店へとやってきました。それが『ふたみうどん研究所』。
a-miyahan0702


駐車場も広々。一体、何台停められるのでしょう?ざっと数えても数十台。
a-miyahan0701


店内もこれまた広々。カウンターとお座敷あり。
a-miyahan0703


ご主人(というか研究所なので所長)は、もともとはコンビニエンスストアを約20年なさっていましたが一念発起。香川にある製麺機械メーカー『大和製作所』でうどん作りを習い、最高級製麺機械の「真打」を導入し、うどん店主に。もちろん自家製麺ですが、大和出身でも「真打」を使用しているところはとても少なく、期待が持てます。
a-miyahan0705

a-miyahan0706


今でこそ大評判ですが、オープン当初はカウンターのみのスタイルで、売上的にも厳しかったそう。でも2年めに友人宅を壊すというので、移築してお座敷を作ったりして、今の形となり、今や大盛況というわけ。

『ふたみうどん研究所』では大きな3つのこだわりがあります。
1.県内・国内産の野菜や肉を可能な限り使用
2.九州産2種類の小麦粉のみを使用
3.特に出汁においては天然高級食材のみを使用し、みりん・醤油以外の調味料及び化学調味は一切使用せず低糖・減塩に努める

メニューも定番からオリジナリティ溢れるタイプまで種類豊富。
a-miyahan0704


その中から、最初にいただいたのは「すじうどん」
a-miyahan0707

a-miyahan0708


宮崎黒毛和牛100%の牛すじ肉は、まさに旨みが凝縮した味わいです。柔らかくてジューシー。ぶっかけだしは日南のさしみ醤油を主体に甘さ控えめで爽やかな後味(ちなみにかけだしは、鎌田醤油の甘だし使用だそう)。
a-miyahan0709

a-miyahan0716


でも一番の美味しさは、うどん。
九州産2種類をブレンドしたというだけあり、小麦粉の風味が格別です。そして多加水で、高温熟成の一日寝かしタイプゆえの、讃岐的なコシの強い固い麺でもなく、宮崎的なやわらか麺でもない、やや細めでつるーんとした食感もいいですね!
a-miyahan0710


ふと柱を見れば「完熟うどん」なる文字が。まさに、完全熟成な仕上がりです!
a-miyahan0711


また「辛みそうどん」にも定評が。
辛さはコチュジャン的な辛さですね。コクのある辛みそ風味が程よくうどんに絡みます。牛もつや温泉卵も加わり、深い味わい。生おろしニンニクも入っていますが、入れないことも可能とか。
a-miyahan0712
a-miyahan0713
a-miyahan0714


創作系も多いので、他のうどんメニューも気になりますね。
さすがは人気店と敬服しました。

ちなみにこちらは開発中の通販商品「辛みそぶた」
a-miyahan0715


『ふたみうどん研究所』では、万能だしも販売中です。
a-miyahan0717
a-miyahan0718



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


ふたみうどん研究所 (ふたみうどんけんきゅうじょ)
宮崎県都城市神之山町1793-1
0986-38-2341
10:30〜15:00(持ち帰りは〜18:00)
定休日:火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)

すじうどん 690円
辛みそうどん 790円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編3】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52125335.html