バリの雰囲気を伝えるセレクト式ランチプレート



「Warung Karang(ワルンカラン)」。
インドネシア語でWarungは食堂とか小さいお店、Karangは珊瑚。
屋久島は山のイメージもありますが、海も青く、珊瑚も。珊瑚には小魚がたくさん集まってきます。そんな雰囲気をレストランで再現できれば、と名付けたそう。
a-yaku0501


ご主人の鬼頭知直さんは長崎の出身。奥様も京都の出身。ということでなぜ屋久島に?と思ったら、以前の場所(尾之間)は奥様のお婆さんの実家だそう。牛小屋があったところを店舗にしたのだとか。それが2014年。そして2017年に安房に移転してきました。
料理は京都の飲食店で働きながら料理の勉強をしてきた奥様の担当で、以前は一人で切り盛りなさっていましたが、安房に移転してからご主人も手伝うようになったそうです。
a-yaku0503


店内はインドネシアのバリの雰囲気も漂っています。以前よりも広々した空間で、天井も高く、自然豊かな眺めも素敵です。安房川の河口付近に位置し、引き潮の際には川のところに砂浜も登場して、さらに美しい光景が広がるとか。BGMも東南アジア的。
a-yaku0502


ふと見ると、数十種類の料理がずらりと並んでいます。
バリではライスを盛ったプレートに、お好みでおかずをセレクトして載せる形式の料理があるそう。東南アジアを旅している時にそれに出会い、セレクトスタイルに決めたのだとか。
a-yaku0505
a-yaku0506
a-yaku0507
a-yaku0508
a-yaku0509
a-yaku0510


ランチプレートは1200円で、5種類の料理を選ぶシステム。
a-yaku0504


全ての料理が美味しそうで、目移りちゃって決められず、奥さんに選んでいただきました。
a-yaku0511


季節の野菜のバジルソテー、生春巻、レモンバームのオムレツ、しめ飛魚のエスニックマリネなど。
東南アジア的な味わいもありますが、地元の魚や野菜もふんだんに取り入れて、健康的な見た目&味わいです!
a-yaku0512

a-yaku0513
a-yaku0514
a-yaku0515


こちらは、グリーンカレー、ハンダマとオイルサーディンのサラダ、茄子と絹あげの煮びたしなど。特にグリーンカレーをかければ東南アジア的な雰囲気も広がります。
a-yaku0516
a-yaku0517
a-yaku0518
a-yaku0519


もっとも、料理はエスニックだけではなく、創作的な一品も。

テイクアウトもあるのも嬉しいですね。購入してビーチなどでいただくのもまた格別。
お客さんは地元の方が7〜8割だとか。しっかりと地元に根付いている1軒です。
a-yaku0520



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


Warung Karang (ワルンカラン)
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房103-2 2F
070-4416-4567
11:30〜15:00(14:30L.O)
定休日:水曜、木曜、他不定休
ランチプレート 1200円 (ドリンクとのセットで1400円)
テイクアウト 750円など
ディナーは予約でオードブルなども受け付け


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52128413.html