週末の「一汁五菜」と森の静けさに癒される


宮之浦の集落から西方の山側に進むと白谷雲水峡という宮之浦川支流白谷川の渓谷があります。そこへ向かう途中にあるのが『やまがら屋』。宮之浦から向かうと、通りからもちょっと右へ曲がったところで、静かな森の中といった素敵な環境も魅力的です。
茶屋とうたっていますが、島の食材を使った家庭料理、うどん、手作りおやつとお飲み物を提供する一軒家。
a-yaku0801

a-yaku0802


お店を切り盛りなさっているのは、瀬戸山瑞香さん。
ずっと千葉に住んでいましたが、屋久島にはご主人と何度も訪れていたそう。移住を決めた際にこちらを選んだのは、この近所に特にお気に入りのロッジがあって泊まっていたからだとか。野鳥好きなので、ヤマガラという野鳥からネーミング。
a-yaku0803


移住なさったのは9年前ですが、お店は2017年の後半にできたばかりです。杉の木をふんだんに使用した店内も、癒しの空間。大きな窓のそとにも森林が広がっています。
a-yaku0804
a-yaku0805


特にオススメなのが土日限定の「本日の一汁五菜」。
a-yaku0806


日本古来の食事には一汁三菜がありますが、もっと。一汁五菜♪
料理の内容は毎回変わっていきます。瀬戸山さんが屋久島じゅうの食材やさんから仕入れたもので、健康的な御膳が完成です。
a-yaku0807


なので、一例ですが、本日は、飛魚のローズマリー焼きとラタトゥィユ。
a-yaku0808


和の食材的な飛魚が、ロースマリーの香草によって洋風に。
a-yaku0809


じゃが芋と鯖節のサラダ。
屋久島ならではの鯖節の良さが活きています。
a-yaku0810


パパイヤのスウィートチリソースかけ。
南国的な一品ですね。
a-yaku0811


はんだまのごま和え。
はんだまも南国的。鹿児島や沖縄でよく見かける葉物野菜。
a-yaku0812


ごはん、みそ汁、漬物。
a-yaku0813
a-yaku0814
a-yaku0815


様々な食材の良さが光る料理たち。これで950円は嬉しいですね。
お客さんも地元の方々がかなり多いというのも頷けます。


食後には「屋久島茶風味のできたて本葛餅」を。
葛もちができたて!凄いです。
a-yaku0816



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


やまがら屋
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2204-13
0997-42-3620
12:00〜16:00
定休日:水曜、木曜、金曜

本日の一汁五菜(土日限定) 950円
屋久島茶風味のできたて本葛餅 今だけ新茶セット 600円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52128413.html