前回の日記で、無事に出国手続きを終え、出国ゲートを通過して中国国際航空のラウンジで料理をいただいていたところまで書きました。

台風が向かってきているので心配だったのですが、「飛ぶよ!」という事でここまで来れても安心してはいけませんね。。
ラウンジに「CA157」と書かれたプラカードを持ったスタッフが登場!!

うわぁー、どっきりかよ!(古い)
モニタリングかよ!(今どきw)

ていうか、英語で言われました。
「やっぱり飛ばないんだー。さっきのチケットを発券したカウンターに戻ってね」

そう言われても、出国ゲートを通過しているので、どうやってもとに戻るか分かりません。
放置されたw
仕方なく、自力で戻ることに。
a-saido01


出国ゲートを通過した時点まで戻り、警備している中国人にチケットを見せて、
「飛ばないみたいだけど、どうしたらいいの?」と聞くものの
「英語、分かんない」の繰り返し。さすが中国♪
やっとのことで、理解してくれる人を見つけたら、教えてくれました。
「あっち(入ってきたほうを向いたら左側)に、出口があるよ」
おお、端っこに確かに「EXIT」と書かれた場所が。
そうか、空港スタッフはここから行き来しているわけですね。

で、出口の係員にチケット見せて「飛ばないけど、戻っていいの?」みたいな適当な英語で聞くと、
ダメみたいwww
そりゃそうだ、出国してるんだから。
なんか言ってるけど中国語だからぜんぜん分からない。。

するとそこに同じ境遇になった中国人客が登場。
係員と何かしゃべってて、分かったみたい。
そして、僕の事も分かったみたいで「俺について来い」みたいな動作をしてる。
うわー、助かった。。

結局、そういう人のために「出国取消し」をする場所が、中央部分のスペースにありました。
そこで出国取消し手続きみたいのをして、また先ほどのEXITに戻って、係員に「サンキューサンキュー、謝謝、謝謝!」とか言ったらそのままEXIT出れたw

そしてまた中国国際航空のチケットカウンターに戻りました。
カウンターの人は、もちろん手慣れたもので、
ボードを指しながら「28番ゲートを出たところにバスを用意したから、このナンバーのバスに乗れば、安排ホテルに泊まれるよ」とか言ってる。
a-saido02
a-saido03


なので、向かえば28番ゲートは閉鎖されてるは、そんなナンバーのバスは無いはで、でもみんなぞろぞろ行くのでたぶん同じだろうと思ってついて行って、適当に一緒にバスに乗り込む。
a-saido04
a-saido05


しばらくしてバスは出発し、台風の中、30分くらい走って着いたホテルは・・・
a-saido06
a-saido07


ぜんぜん安排ホテルじゃなくて、
維納斬国際酒店だったwww
a-saido08
a-saido09


当たり前だけど、みんなどっとカウンターに群がるので、部屋を確保するのも大変。
a-saido10


ようやく部屋をGET。
けっこう綺麗なホテルでした。
でもこういうイレギュラーな客を泊めるのに慣れてる(ていうか提携してる?)みたいで、冷蔵庫はカラッポでしたwww
a-saido11
a-saido12
a-saido13
a-saido14
a-saido15


せっかくなのでホテルを出て、ウロウロ。
結局、周りには店は何もなく、近くのコンビニで食事&飲み物を買ってきて、部屋でひとり宴会スタート!
a-saido16
a-saido17
a-saido18


いやぁ良い経験が出来ました!
帰れなかったけれど、ホテルも無料で手配してくれたし、
明日は朝6:30に臨時便を成田に飛ばすらしいし。

ちなみにホテルに着いたのが20時ごろで、明日のホテル出発は朝3時だそうです(^▽^;



上海2泊3日の旅201807 目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52130589.html