料理もパフォーマンスも驚きの連続!


サプライズという言葉がぴったりのシーフードレストラン「OCEANS」。
a-oceans01


店内に入った瞬間から、フードテーマパーク的なワクワク感が随所に見れます。
a-oceans02


席に着いて、ふと柱を見ればポラロイドカメラで撮影したと思われる素敵な笑顔のお客さんの写真が所狭しと貼られていたり。
a-oceans03
a-oceans04


コンセプトは「一年中、カニや牡蠣が味わえる」。
オーナーの大坂幸太郎さんは、当時は福井になかった洋風居酒屋を14年経営し、8年ほど前に現在のシーフードレストランへとリニューアル。
「家族3世代、みんなで来れるレストランにしたかった」とおっしゃるとおり、ファミリーのお客様も多いです。記念日に訪れるという方々もたくさんいるそう。

そんな魅惑のワクワク感ゆえに、料理は大坂さんにお任せ。
するとまず最初に登場したのが「幸せの蟹一杯丸ごと唐揚げ」
まさに「幸」の旗を手にして登場して、びっくりです。
a-oceans05


ソフトシェルという脱皮したての蟹で、殻が皮膚状でふにゃふにゃ柔らかいのです。
そのため、殻ごと全部食べることができるそう。
a-oceans06


親指と人差し指、中指などに添えて蟹を持ち上げる器具ってあるのですね。その赤い器具を左の指に装着して、蟹をキャッチ。そして、バリバリといただきます。
おお、甲羅が香ばしさとともに柔らかい新食感。蟹肉も旨みたっぷり。若い蟹なので内蔵系もそのまま味わえます。
a-oceans07


蟹に驚いていたら、次も驚愕。a-oceans16


生牡蠣が2つ登場したのは良いのですが、その右側に大きな牡蠣の殻が。
a-oceans17


イヤフォンがあるので「なんだろう?」と思って開けたら、なんと超小型MP3プレーヤーが入っていました。名付けて「OCEANS SOUND」
a-oceans18


聞き方があります。
1、 イヤホンをします。
2、 目を閉じリラックスして、上30度を向きます。
3、 しばらくの間、お連れの方と話さないでください。
4、 目を閉じながら運ばれた生牡蠣をゆっくりと味わいます。
5、 神経を口のなかだけに、集中します。
書かれたとおりにイヤホンをすると、おお!海だ。波の音が聞こえてきます。
おお!目を閉じれば、目の前に海が広がっています。

その状態で、本日は愛媛県御庄湾の生牡蠣、岩手県釜石の生牡蠣。
a-oceans19


御庄湾のほうはとても大きく、そこにスコットランドのアイラ島最古の醸造所であるBOWMOREのシングルモルトスコッチをかけて味わいます。
おお!スコッチといえどもしっかりとした深みを感じるウィスキーテイストで、ミルクのような旨みを携えた大きな岩牡蠣に、さらに華やかさを加えます。
a-oceans20
a-oceans21
a-oceans22


もうひとつの釜石の真牡蠣も美味。こちらはポン酢で。
生牡蠣はその日により産地などが変わりますが、一年中、味わえるというのも幸せ。
a-oceans23
a-oceans24


さらに「今、チーズ祭りなんですよ」と大坂さんがおっしゃいながら登場したのは何やら移動式のガス台。なんとお客様の目の前でチーズを用いたパフォーマンスが繰り広げられます。
a-oceans09


「復刻 焼きチーズリゾット」
a-oceans08


ホール状の熟成グラナパダーノと合わせて作られるチーズリゾット。
それをフライパンに流し込み、火にかけて完成。
a-oceans10

a-oceans11
a-oceans12


濃厚なチーズのコクがライスをホールドした贅沢な味わい。それをフライパン調理することで「焼き」の工程を加えているため、ちょっと焦げた香ばしさも。
おいしい♪
a-oceans13
a-oceans14


料理のレベルも演出も、まさにサプライズ。
楽しさも溢れた素晴らしきシーフードレストランでした。


おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


OCEANS (オーシャンズ)
福井県福井市西開発3-111
0776-53-5455
17:30〜24:00(23:30L.O)
ランチは10月からエビフライ、カキフライの予定あり
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
幸せの蟹一杯丸ごと唐揚げ 900円
愛媛 御庄湾 岩牡蠣 690円
岩手 釜石 真牡蠣 390円
復刻 焼きチーズリゾット 900円
いずれも税別

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52133099.html