地産地消の食材&腕が活きる居酒屋さん


昼も趣きのある城崎温泉ですが、夜も情緒溢れる雰囲気が。大谿川沿いに灯りが点り、7つの外湯めぐりなども素敵です。
a-toyo08
a-toyo09


そんな温泉街にポツンと佇む1軒の居酒屋『美食遊楽 とみや』。
a-toyo0301


引き戸をそっと左へと開ければ、カウンター&小上がり。清潔感のある和風な店内がありました。
a-toyo0302


ご主人は芳賀明人さん。大阪で修業を積んだあと、以前から大好きだった豊岡市の『なか井』で地物の使い方や精神論などを学び、独立。『なか井』といえば料理格付本「ミシュランガイド 兵庫版」でビブグルマンに輝いた&秋篠宮両殿下・眞子内親王様も御献食なさった名店!
ちなみに、こちらはご実家で、もともとお母さまがお土産店をなさっていた場所を改装したのだとか。
a-toyo0303


それにしても人気です。観光客の方はもちろん地元の方も多く、飲食店や旅館などをなさっている方々も終わった後に22時くらいに訪れたりする憩いの場にも。
なので、料理の品数も豊富で、百数十のメニューが、ずらり。
アットホームな雰囲気にも和みます。
a-toyo0304


日本酒も地元の定番から珍しいタイプまで揃っています。
a-toyo0305


「但馬牛串焼き」
もう、見ただけで美味しさが分かりますね。三角バラの上級な部分を使用。
原価率約9割というお得度も見逃せません。
a-toyo0306

a-toyo0307


「造里盛り合わせ」
地元を主体とした鮮魚のお刺身盛り合わせです。
a-toyo0308
a-toyo0309


マトウダイや寒ブリ、サワラ。
a-toyo0310


今日の寒ブリは10堋度の大きさのもの。しかし、この分厚さは感動的です。
a-toyo0313


サワラは漢字だと鰆、つまり春の魚と書きますが、旬は冬。今日のサワラは4堋度の大きさのもの。

豊岡ではマグロも釣れるそう。というより、日本海側を上っていって青森の大間のマグロになるそう。ということで、豊岡では小ぶり(10〜20)のヨコワという黒マグロが釣れるみたい。
a-toyo0311

a-toyo0314


野菜の飾り切りも、素敵です♪
a-toyo0312


もちろん時期によって旬の鮮魚は変わるので、盛り合わせも変わっていきます。海老などが載る時も。

「豊岡は山菜も採れるから、春には山菜の天ぷらもいいですよ」と芳賀さん。


おいしかった!!!
ごちそうさまでした!!!


美食遊楽 とみや
兵庫県豊岡市城崎町湯島441
0796-32-2703
18:00〜22:30L.O 魚なくなり次第終了
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は日曜も営業)
お通し 300円
但馬牛串焼き 2本1000円
造里盛り合わせ 1600円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【兵庫・豊岡編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52139215.html