山田毅氏による壁一面の日本画を拝見しながらモーニング


1970年に建てられ、47年間に渡って城崎を守ってきた旧消防署が移転するにあたり、その有効利用、賑わいや景観に貢献する施設を作るため、公募型プロポーザルが市として初めて行われました。
そして審査の結果、最優秀賞に選ばれて誕生したのが『UTSUROI TSUCHIYA ANNEX』です。2018年10月1日グランドオープン。
向かいに位置する『つちや旅館』の新館という位置づけで、設計したのは建築家で近畿大学建築学部准教授の垣田博之氏。総工費は、なんと9000万円!
“UTSUROI”をコンセプトに宿泊と朝食、カフェに特化しアートの中でそれを体験できる施設計画になっていて、消防署という公共施設をコンバージョンで城崎温泉の街の記憶、歴史に新たな役割を与えます。
春にはデッキテラスの桜、夏には涼しい川風、冬にはカフェに設ける薪ストーブの暖かさで国内外からの旅行者をも迎え入れてくれます。
a-toyo0401
a-toyo0405
a-toyo0406
a-toyo0404


主に切り盛りなさっているのは『つちや旅館』の4代目、山田一輝さん。
a-toyo0419


店内に一歩入れば、素晴らしき風景画が。
これらは全て山田さんの叔父である日本画家の山田毅氏の作品。
ギャラリーもあり、その世界観に圧倒されます。
a-toyo0407
a-toyo0408
a-toyo0409


ちなみに2階は客室になっていて、こちらにも山田氏の作品が。
a-toyo0410


1階のカフェは8時〜17時までの営業。
8:00〜10:30まではモーニングをなさっています。城崎温泉でモーニングが味わえるのは、実は少ないので、とても重宝します。
a-toyo0402
a-toyo0403


「井出養蜂のはちみつバタートースト」
a-toyo0411

a-toyo0412
a-toyo0413


ワンプレート型で、まず目に飛び込んできたのはパン。山田さんはパンソムリエの資格も有しているため、特にこだわりがあります。豊岡のパン屋さんと共同開発して特注で作って貰っているそう。
a-toyo0414


そこに『井出養蜂』のはちみつ。

そして野菜は神鍋高原の農家さんから。
a-toyo0415


さらに但馬地鶏の玉子(ゆでたまご)。
a-toyo0416


ヨーグルトもついています。
a-toyo0417


彩りも豊かで美味しくて、朝から幸せな時が。

しかもドリンクはメニューから好きなものをセレクトできます。
今回はマンデリン(インドネシアの豆を使用)。
a-toyo0418



おいしかった!!
ごちそうさまでした!!


UTSUROI TSUCHIYA ANNEX
兵庫県豊岡市城崎町湯島573
0796-32-2045
8:00〜17:00
定休日:木曜日
モーニング(井出養蜂のはちみつバタートースト) ドリンク付き 900円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【兵庫・豊岡編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52139215.html