創業昭和17年にしてイマドキの江戸前寿司の洗練さも


「城崎温泉はそれ自体がひとつの大きな旅館」と呼ばれるほど、一体感があります。宿泊客も7つの立ち寄り湯を回ったり、夕食を外で楽しんだり。
そんな城崎温泉で、お寿司といえば『をり鶴』。
外観からして洗練&洒落た雰囲気なので新しいかと思われるかもしれませんが、いえいえ、創業は昭和17年(1942年)。この11月に改装を終えて、新規開店したばかりなのです。
a-toyo0601


三代目の谷山正利さんは、東京・銀座の名店『久兵衛』などで修業を積んで、実家に戻った実力派。
a-toyo0602


箸置きも折り鶴になっていたりと、粋な演出。
a-toyo0603

a-toyo0604


料理を待つ間、メニューに掲げられた昔の『をり鶴』の写真を眺めたり。
創業当時の写真、女優さんなどが訪れた時の写真を拝見しながら、歴史を感じつつ、待ちます。
a-toyo0605

a-toyo0606
a-toyo0607
a-toyo0608


まずは「付出し」
3種類と5種類があるそうで、今回は5種類(常連さん向け)のほう。
料理内容は都度変わります。
今日は、スケソウダラの子と牡蠣の山椒炊き、タラ白子ポン酢、あん肝、かぶとナマコ、セコガニの内子。
a-toyo0609


「上にぎり 赤出し付き」
新鮮な地魚を使用した『をり鶴』自慢の一品。
津居山漁港から直接仕入れたネタは鮮度抜群です。
a-toyo0610


こちらも都度、内容は変わりますが、
トロとかんぱち。
a-toyo0611
a-toyo0612


紅ガニと松葉ガニのかにみそ軍艦。
a-toyo0613


いかと赤貝、マトウダイ。
a-toyo0614

a-toyo0615


ウニと穴きゅうり。
a-toyo0616

a-toyo0617


赤出し。
a-toyo0618


さすが谷山さん。東京の名店などで修業を積んだだけあって、小ぶりというか粋な大きさ。東京の『鮨 さいとう』や、大阪の『原正』などもそうですが、小ぶりで、口の中でスッと消えていくような、ネタと酢飯が優しい一体感のある握り方が素敵です。
と共に、やはり地元の鮮魚の良さも。
しかもリーズナブル。上にぎり、なんと3700円です!


おいしかった!!!
ごちそうさまでした!!!


をり鶴 (をりづる)
兵庫県豊岡市城崎町湯島396
0796-32-2203
11:00〜14:00(13:30L.O)
17:00〜21:30(20:30入店まで)
定休日:火曜日
付出し(5種類) 1000円(税別)
上にぎり(赤出し付き) 3700円(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【兵庫・豊岡編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52139215.html