アジアン系香味極旨オリジナルスープの「沙茶ラーメン」


全国各地に美味しいラーメン店があり、それぞれに人気を博しています。そして、その味が独自性(オリジナリティ)があれば、オンリーワン的な凄さを持ち、特に話題&人気が高まります。
それを具現化したような1軒が、田辺市の「シャカリキ!」です。
a-sira0901
a-sira0902


ご主人の舟原崇雄さんはちょっと変わった経歴の持ち主。
学校を卒業後、自衛隊に入隊し、整備の仕事をなさったあと、川崎重工へ。そして、料理の道へと進むべく、調理師専門学校に入学し、その後、大阪・北新地の石鍋料理「圓石」などで腕を奮い、地元に戻って、うどん店、居酒屋、精肉店などで働き、独立したそう。
a-sira0903


「なので、最初はここで焼肉屋さんをやっていました」と、舟原さん。
確かに随所に焼肉店だった遍歴が見受けられます。というよりも、実は今も、焼肉メニューもあったり。ちなみに舟原さん自身でロースターをつけたり、建具屋さんをなさっているお父さんが仕切りを作ってくれたりと、なんと、自作な店内!
a-sira0904
a-sira0905


でも、メインはラーメン屋さん。それも、珍しいというか世の中にここにしかない「沙茶(サーサー)ラーメン」が看板メニューです。
a-sira0906


これが、海老やピーナッツ、ココナッツなど、数種類を合わせた台湾の調味料的な「沙茶醤」。
a-sira0907
a-sira0908


トンコツベースのスープに、その沙茶醤を合わせたラーメンが「沙茶ラーメン」なのです。トンコツの旨味や塩味、そして東アジアというより東南アジア的な海老とピーナッツテイスト、そしてピリ辛な風味が一体化した、エキゾチックな味わい。
低温調理の鶏もも肉もぴったりです。
途中からお酢などで酸味を加えたり、炙り焼きの鶏もも肉の風味を楽しんだりすれば、いわゆる「五味」一体の味わいです。
a-sira0909
a-sira0910

a-sira0911
a-sira0912

a-sira0913


他にも、はまぐりなどの貝で採ったスープや、鯛やひらめ、太刀魚などを丁寧に下処理したあとに炊いたスープで作る「塩ラーメン」や、香ばしいネギ油が活きる「醤油ラーメン」、さらにトンコツ&マヨネーズの「マヨラーメン」など個性炸裂。

「近所にホテルもあるので、アルコール&おつまみも楽しめるようなメニューもあります」と舟原さん。
さまざまな使い方ができるのが「シャカリキ!」なのです。


おいしかった!!
ごちそうさまでした!!


シャカリキ!
和歌山県田辺市文里2丁目35-2-1
0739-25-3003
11:00〜14:00 17:00〜22:00(21:30L.O)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
沙茶ラーメン 730円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【和歌山・白浜編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52142473.html