メインは蟹!そして鯨や新鮮なお刺身なども堪能

<本文>
釧路の繁華街・末広町「絹」。1階は郷土料理、2階はすし・旬の味と銘打っていますが、両階とも同じ料理が堪能できます。何といっても釧路の新鮮な魚介類に定評のある1軒で、東京豊洲から直送の食材なども。豊富なメニューも魅力です。
a-kushiro0201


各種会合や宴会など予算に合わせて少人数から150名までお部屋も各種あり、洋室もあるため利用しやすいと評判です。
a-kushiro0202
a-kushiro0203


そんな「絹」では、メインは、やはり蟹でしょう。このたらば蟹は5圓世修Αもちろん生きてます!生きたたらば蟹の大きさにびっくり。たらば蟹は焼きのほか、活蟹しゃぶしゃぶやあらいなどにも。
a-kushiro0204


こちらの毛蟹は900g。こちらも生きている! 大きさによって6000円〜13000円と幅広し。900gは、かなりの大きさです。
a-kushiro0205


昆布森や浜中で採れた「時しらず塩ふり焼」などもいいですね。春から夏まで。
a-kushiro0206


また釧路沖では調査捕鯨目的で毎年60頭の鯨を捕獲していて、釧路市ではイワシやサンマを食べた脂ののった「日本で一番おいしいクジラが食べられる釧路」を売り出しているので、もちろん鯨ベーコンやお刺身(赤身)、竜田揚げなど様々な鯨料理も提供なさっています。鯨ベーコンは懐かしの味。
a-kushiro0207
a-kushiro0208


そしてお刺身盛り合わせ。
a-kushiro0209
a-kushiro0210


殻付きウニや本マグロ、ホッキ貝、ホタテ、シマアジ、ヤリイカ、真蛸、牡丹エビなど豊富な海産物がお刺身で味わえます。
a-kushiro0211
a-kushiro0212
a-kushiro0213
a-kusiro0214


新鮮な蟹をメインに海の幸、山の幸など四季折々の味覚が楽しめるのが「絹」なのです。

まさに釧路を代表する海産物がいただける1軒。旅行でも良いですが、地元の会合などでも重宝します。

くしろの幸 郷土料理 絹 (きぬ)
北海道釧路市末広町3-3 絹ビル
1F 郷土料理 絹 0154-24-7453 17:00〜22:30L.O
2F すし・旬の味 絹 0154-22-4431 11:30〜14:00 17:00〜22:30L.O
定休日:年末年始のみ
焼たらば 1足4500円〜6500円(税別)
毛蟹 6000円〜13000円(税別)
時しらず塩ふり焼 1300円〜1500円(税別)
手作り鯨ベーコン 2000円(税別)
お刺身盛り合わせ 写真は5500円(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52148608.html