牡蠣の生産者・中嶋さんの話も楽しいオイスターバー


厚岸で生まれ育ち、三代に渡り牡蠣業を営んでいる中嶋均さん。
昭和50年代の牡蠣の大量斃死事件をきっかけに全力を支えるようになったそう。
a-kushi0601
a-kushi0603


そんな中嶋さんが自身の会社であるカキキンの2階に開設したのがオイスターバーの「牡蠣場」です。林業グループも立ち上げて植え、25年以上育てた落葉松を用いた店内からは、厚岸の素晴らしき海が広がります。
a-kushi0602


「自分が晩酌をしたくてお店を作った」と笑う中嶋均さん。実は厨房から眺める景色が一番素晴らしい(笑) 厚岸の海と厚岸大橋が眼下に広がります。この地で三代に渡り牡蠣漁を営んでいるんですね。ちなみに漁は朝5時からだそう。
a-kushi0604


三陸の牡蠣(稚貝)を厚岸で育てたワイルドさを持つマルえもんと、
厚岸生まれで人工的に育てたエリート的な味わいのカキえもん、
そして5年以上のあさりも、生で味わえたり。
アルコールとの相性を考えて、小ぶりなタイプを提供なさっています。
a-kushi0608
a-kushi0609
a-kushi0610


他にも、もちろん自家製の干し牡蠣を堪能できたり。干すことで牡蠣の旨みがさらに凝縮。噛み応えもあり、アルコールのつまみに最適です。
a-kushi0611


十勝産の小麦粉を用いた手作り「牡蠣のピザ」。チーズとの相性も良く、あらゆる牡蠣の可能性を感じます。
a-kushi0612
a-kushi0613


そしてなんといってもお酒です。生ビール(サッポロクラシック)やウィスキー、サワー、日本酒などさまざまありますが、厚岸で3年前に開業した蒸留所NEW BORNの3種類のウィスキーをぜひ(なくなり次第終了。2020年にフルボトルが出る予定)。
蒸留所NEW BORNで実験的に時期をずらして生産されたウィスキー3種。もちろん市中では完売で希少な1杯です。
a-kushi0605
a-kushi0606


オイスターファーマー中嶋さんの牡蠣への愛で最高の料理となった牡蠣とアルコール、さらに素晴らしき景色で、まさに至極の時を過ごせます。
a-kushi0607



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


牡蠣場 (かきば)
北海道厚岸郡厚岸町奔渡1-128 カキキン2F
0153-52-5277(代表)
18:00〜22:00ごろ
金土日くらいに営業(不定休)(電話が確実)。他の日時は3日前までに予約で。
ウィスキー厚岸 NEW BORN 1400円〜1800円(税込)
カキえもん 生(SS) 1P 150円(税込)
マルえもん 生(S) 1P 100円(税込)
あさりえもん 生 1P 100円(税込)
干し牡蠣 500円(税込)
牡蠣のピザ 1200円(税込)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52148608.html