大正モダンな木造校舎でイタリア料理を堪能


大野城ゆかりの歴史ある城下町、大野市。大正時代に建てられた「水本学園高等女学校」の面影を残す和洋裁和洋裁仕立ての学び舎が新たにイタリア料理を提供する「サルトリア ダ 水本」として、2018年にリニューアル。
a-huku0301


「水本学園高等女学校」と書かれた表札のある門を入ります。すると左手の大正時代建築の木造建物の1階に店舗が。大正時代の重厚な木造校舎の趣と、大野が誇る地場食材をはじめとした福井のさまざまな食材などを用いた料理が堪能できます。
a-huku0302


改装された木造校舎の1階は、天井が高く、教室ならではの広々とした空間で、ゆったりとした雰囲気です。
a-huku0303


また、イタリア料理ゆえにワインもイタリアを中心に、名水百選でも名の知れた「越前おおの」の地酒なども取り揃えています。
a-huku0305


料理長は国内外で経験を積んだ松崎正和さん。

「和の情緒が残る大野での交流・憩い、癒しの場にもなれば」と、ランチセットが1,300円〜、ディナーコースが3,500円〜と、大正モダンのレトロな建物の店内で非日常的な異空間を感じながら味わえるイタリアンは、リーズナブルな価格設定も魅力です。


もちろんアラカルトもOK。
最高級舞茸である九頭竜舞茸や上質な越前甘えびなどを用いた「九頭竜舞茸と越前甘えびのリゾット」は、円山のリゾット米を使用。越前甘えびはベネチア式フリットに。
a-huku0306
a-huku0307


「黒毛和牛のタリアータ 上志比産黒にんにくの入ったマッシュポテトと温野菜」は、香ばしく焼きあがった黒毛和牛と中のミディアムレアな仕上がりが、野菜とマッチしています。

永平寺町特産の上志比産黒にんにくをペーストにして合わせたマッシュポテトのコクと、赤ワインソースの深みもGOOD。
a-huku0308
a-huku0309


さらに店内では定期的に音楽イベントも開催。まさに観光や地元の方々の新たな拠点施設として早くも話題です。

おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


サルトリア ダ 水本 (みずもと)
福井県大野市本町5-4
0779-66-6116
11:30〜14:00LO 17:30〜20:00LO
毎週火曜日定休(不定休あり)
九頭竜舞茸と越前甘えびのリゾット 1700円(税別)
黒毛和牛のタリアータ 上志比産黒にんにくの入ったマッシュポテトと温野菜 3500円(税別)



【JAL×はんつ遠藤コラボ企画】福井編2 目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52151967.html