呉服町駅至近の博多町家で、ほっこりと鍋料理などを


福岡市地下鉄呉服町駅より徒歩約5分。築約130年の博多町家である古民家(酒屋)を活かした酒舗『みねとこ』。店名ロゴは日本を代表するイラストレーター・画家の黒田征太郎氏の作品です。
a-fuku0901

a-fuku0911


店内に入れば、カウンターごしに店主の中村みね子さん手作りの、本日のおすすめ大皿料理が並んでいます。
a-fuku0903

a-fuku0902


例えば今回は「森さんの茄子あげ浸し」「魚(このしろ)が入ったなま酢」「壱岐のままなかせのトマト」「高野豆腐とおくらとにんじんの煮物」など。お米や野菜は壱岐や東峰村などから仕入れているそう。
a-fuku0906


その他、小鉢や一品も人気ですが、ぜひ味わいたいのが新メニューの「みねとこ鍋『三元豚+大鰐温泉もやし』鍋」。故・松田優作氏の好物「もやし豚鍋」をアレンジしてオリジナルで提供。三元豚の旨みも良いですが、青森の大鰐温泉から、煮込んでも煮崩れすることなくシャキシャキの歯ごたえが楽しめる、本当に長い大鰐温泉もやしが毎週JALで直送されるそう。もちろん九州初です!数量限定というのもあり、要予約メニュー。
a-fuku0905
a-fuku0904


と共に、こちらも要予約ですが「壱岐の郷土料理「ひきとおし」鍋」も絶品。華味鳥とごぼうと豆腐を煮込み、上から野菜を載せて、再度煮込んで完成。食材の旨みと甘辛さがたまりません!
a-fuku0907
a-fuku0908


みね子さんとの会話も楽しいです。「ひきとおし」は対馬では「いりやき」、糸島では「ちり鍋」と言われるとか。
a-fuku0909


他にもお酒にもこだわりが。みね子さんは実は壱岐の出身なのです。ということで、福岡を始め九州のほか、壱岐の焼酎も提供なさっています。ビールもありますが、福岡に来たら、せっかくなので地元や九州、そして壱岐の焼酎を楽しむのもまた一興です。
a-fuku0910



大皿料理や小鉢、鍋料理などで憩いのひとときを。
美味しかった!!!ごちそうさまでした!!!


みねとこ
福岡市博多区下呉服町9-121 
090-9594-1798 (電話推奨)
17:30〜22:00(21:40L.O)
定休日:日曜、祝日、お盆、年末年始、「みねとこ鍋『三元豚+大鰐温泉もやし』鍋」焼き餅入り ひとり1830円(税別) 2名から受付(要予約)。小鉢2品と大皿2品付きのコース ひとり2980円(税別)がおススメ
「壱岐の郷土料理「ひきとおし」鍋」締めのソーメン付き ひとり1680円(税別)・2名から受付(要予約・数量限定)。小鉢と大皿2品付きのコース ひとり2680円(税別)がおススメ
その他仕入れのため臨時店休あり
「カウンター大皿料理」350円(税別)〜
「小鉢」「ひとしな」300円(税別)〜


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52153688.html