「とり藤」は函館市中道にポツンと佇む人気やきとり店


函館市中道。12月の18時となると辺り一面はすでに真っ暗です。そこにポツンと提灯が輝いています。それが『とり藤』。昭和の雰囲気という言葉がぴったり。まさに隠れ家的立地ですが、地元では有名店。ぜひ予約をして伺いたいです。
a-hakohan0301


というのも店内は、こじんまりとしたカウンターと小上がりが主体。奥にお座敷があるものの、開店と同時に続々と常連さんなどが訪れるので、すぐに満席になるほど。
a-hakohan0302


「母の代から続けているんです」と、平野裕子さん。途中で仕事帰りの息子さんがサポートに来ることも。
a-hakohan0314


焼き台を拝見すれば、昔から続く台で炭を用いて丁寧に焼いていくスタイル。香ばしき煙が店内に広がっていきます。
a-hakohan0303
a-hakohan0304


お通し(お新香・200円)と生ビールなどで、やきとりができるのを待ちます。
a-hakohan0308


函館のやきとり店には「豚精」(いわゆる豚肉の串)があることが多く、こちらにも。これがジューシー!「鳥精」も美味しい!「メインの肉は鮮度の良い“生”を仕入れているので」と平野さんが笑います。「みそ串ホルモン」という変わり種もあり、濃いめのみそ風味と新鮮さが伝わるホルモンに驚きます。
a-hakohan0309


他にも「つくね」「レバー」「牛サガリ」なども安定の美味しさ。大きくて大満足。
a-hakohan0310


昭和の佇まいが色濃く残るやきとり店。常連さんが多いのも頷けます。
先代のお母さま。店内の雰囲気やアットホームさは、ずっと変わりません。
a-hakohan0311


a-hakohan0312
a-hakohan0313


a-hakohan0305
a-hakohan0306
a-hakohan0307



とり藤 (とりふじ)
北海道函館市中道2-31-12
0138-53-9300(予約推奨)
18:00〜23:30
定休日:日曜、祝日
お通し200円
豚精170円
鳥精170円
みそ串ホルモン140円
つくね160円
レバー140円
牛サガリ300円
いずれも税込

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編3】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52156378.html