日本一のかんぱちを垂水市漁業協同組合の直営「海の桜勘」で


“かんぱち”はスズキ目アジ科に分類される海水魚です。高級魚としても知られ、全世界で採れ、日本でも全国各地で水揚げされますが、西日本のほうがより多いそう。

その生産量日本一なのが垂水市なのです。こちらには垂水市漁業協同組合があり、かんぱちの養殖を行っていて、「海の桜勘」というかんぱち料理の和食店も運営しています。

イチオシは「西郷どん定食」。
早朝に水揚げされたかんぱちを岩元舟次料理長が捌くゆえ、見ただけで鮮度が分かります。
しかも、背、腹、皮付き炙りの3種類を食べ比べできるのは貴重。
コリコリとした食感の背、やや柔らかで甘みも活きる腹、そして香ばしく爽やかな旨みの炙り。部位によって味が違うことに驚きます。
さらに、ゴマダレ、醤油、レモン、塩と4種で味わえるのもGOOD。

実は、垂水のかんぱちは鹿児島県産の茶葉を配合したエサで育てているために、より美味しいのだとか。しかも5圓搬腑汽ぅ困罎┐忙蕕發気蕕望綣繊

ほかにも「定番漬け丼定食」もオススメ。
地元の甘めな醤油でづけにしたかんぱちは、鮮度の中にもしっとり感と優しい甘じょっぱさが加わり、ごはんが進みます。
ごはんも鹿児島県産、かんぱちの身入り味噌汁も、かんぱちの骨でだしを取るなど、全てに真剣さが表れています。


西郷どん定食。3種のかんぱち刺はもちろん、柔らかなあら煮など、全てに美味しさ炸裂
a-kago0801


垂水市漁業協同組合の目の前には錦江湾が広がり、かんぱちの養殖がなされている
a-kago0802


組合の建物2階に「味処 海の桜勘」がある。さまざまなかんぱち料理が楽しめる
a-kago0803

a-kago0807


かんぱちのブランド名も「海の桜勘」。部位ごとに味が違うことに気づき、驚く
a-kago0804

a-kago0809


小鉢で付く、かんぱちのあら煮。骨まで柔らかく全て食べ尽くせる柔らかさもいい
a-kago0805

a-kago0814


a-kago0808
a-kago0810
a-kago0811
a-kago0812
a-kago0813

a-kago0817


「定番漬け丼定食」地元の甘めな醤油でづけにしたかんぱちがふんだんに載った丼
a-kago0806

a-kago0815
a-kago0816


a-kago0818


味処 海の桜勘 (うみのおうかん)
鹿児島県垂水市海潟643-14 
0994-32-0321
11:00〜14:00(L.O)
定休日:火曜日・年末年始
西郷どん定食 1650円
定番漬け丼定食 850円
(いずれも税込)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島(大隅半島)編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52167081.html