畜産を知り尽くした店主による霧島「地鶏の里 永楽荘」


鹿児島空港まで車で約15分の距離ながら住宅地の奥の山あいで、「本当に、ここ?」と不安になるほどの道のり。でもそこには「地鶏の里 永楽荘」という焼肉や鶏料理などが大評判の1軒が佇んでいます。

ご主人の田中松行さんはJA鹿児島経済連の畜産担当として長年、指導の立場にいた方。ゆえに県内外の生産者さんとのつながりも強く、高レベルの食肉が手に入るというわけ。

ロッジ風の1戸建てを2階へと上がり、そんな料理をいただきました。
のっけから驚愕です。
「焼シャブ」は鹿児島黒牛A4〜A5ランクで、サっと炙れば分厚いのに、まさにとろける味わいで、山葵との相性も抜群。
「鹿児島黒豚のせいろ蒸し」は、もう、黒豚の甘さとしっとりとした食感が素晴らしい。
鶏ももやムネなどの「地元どり刺しみ」は廃鶏ゆえに、しっかりとした弾力と旨みが楽しめます。
さらに「地元どり焼」は130日飼育と長いゆえのムチムチとした弾力と大きさが秀逸です。
ほかにも、すだれ切りの「牛タン」も分厚くて、それでいて柔らかな、後引く味わい。

ランチやディナーに寄るのも良いですが、露天風呂もある温泉宿も併設しているので、宿泊すればさらに至福です。

「焼シャブ」鹿児島黒牛の旨みがダイレクトに堪能できる。分厚いが、とろける!
a-kago0901

a-kago0908
a-kago0915
a-kago0918


山あいの細い道をクルマで上っていくと、突如現れる温泉宿&料理店
a-kago0902

a-kago0907


畜産を知り尽くした田中松行さん。以前は鹿児島市内の天文館で店を構えていたそう
a-kago0903


「鹿児島黒豚のせいろ蒸し」蒸すことで黒豚(バラ肉)や白菜などの甘みも増す
a-kago0904

a-kago0909
a-kago0910


「地元どり刺しみ」 廃鶏ゆえにしっかりとした弾力と旨みが楽しめる
a-kago0905

a-kago0911
a-kago0912
a-kago0913


「地元どり焼」130日飼育の地元の鶏。ムチムチとした弾力や大きさを堪能できる。表面だけサッと焼いた、ぼんじりの刺しみまで!
a-kago0906

a-kago0914


すだれ切りの牛タン
a-kago0916
a-kago0917



地鶏の里 永楽荘 (じどりのさと えいらくそう)
鹿児島県霧島市隼人町松永3766
0995-42-3210
11:00〜15:00(14:00L.O) 17:00〜22:00(21:00L.O)
無休
焼シャブ 100g 2000円
鹿児島黒豚のせいろ蒸し 1300円
地元どり刺しみ 850円
地元どり焼 750円
(いずれも税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島(大隅半島)編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52167081.html