お土産には霧島市福山・坂元醸造の“くろず(黒酢)”を


いかがでしたでしょうか?鹿児島(大隅半島)2泊3日グルメの旅。
黒豚メンチカツから焼肉、うなぎ、かんぱち、ラーメン、かき氷、焼きいもシェイクなど、今回も食材の良さ、料理の素晴らしさを満喫しました♪

さて、恒例の番外編。今回の逸品は坂元醸造のくろず(黒酢)です!
鹿児島県霧島市福山町では江戸時代後期に壺を使用した酢の醸造が始まりました。
坂元醸造株式会社も、しかり。現代まで伝統の製法を守り続けています。
野天の広大な場所には、54L入る壺が合計約52000壺!太陽と微生物の力を借りて、職人の手で育まれ、1年以上じっくり時間をかけて生まれるそう。

そんな、くろずを堪能したければ、坂元のくろず「壺畑」へ。
情報館には歴史や製法、研究発表などをパネルや映像で見学できます。
実は「くろず(黒酢)」と命名したのも坂元醸造なのです(1975年)。
しかも、試飲や買い物も楽しめます。看板商品の純米黒酢「坂元のくろず」の他、「天寿りんご黒酢」「黒酢ドリンク(赤ぶどう)(柚子れもん)」「黒酢ドレッシング(白ごま)」など多種多様な商品があり、正直、びっくりします。

併設するレストランでは、眼前に広がる壺畑を眺めながら、「坂元のくろず」を使用したさまざまなくろず料理を提供。
美味しさはもちろん、素材の味を引き立たせるくろずパワーにも、再度、驚きます。


坂元醸造の「坂元のくろず」「天寿りんご黒酢」「黒酢ドリンク」「黒酢ドレッシング」
a-kago1001


壺づくり黒酢の歴史や製法、研究発表などをパネルや映像で見学できたり、お土産も購入できる、坂元のくろず「壺畑」情報館
a-kago1002

a-kago1007


広大な壺畑も見学できる。坂元のくろずのほか5年以上発酵・熟成ものや、樽熟成、有機米使用なども
a-kago1003


「坂元のくろず」陶器の壺に蒸し米と米麹と地下水を仕込み、1年以上発酵・熟成。まろやかでコクのある風味
a-kago1004


坂元のくろず「壺畑」レストラン。壺畑や桜島、錦江湾を眺めながら、さまざまなくろず料理を堪能できる
a-kago1005


「彩りランチ」くろず酢豚などのメイン料理、デザート、ドリンクが選べる(食前酢、前菜盛り合わせ、サラダ、ごはん、スープ、ザーサイ付き)
a-kago1006

a-kago1008
a-kago1009
a-kago1010
a-kago1011
a-kago1012
a-kago1013
a-kago1014



坂元のくろず「壺畑」情報館&レストラン
鹿児島県霧島市福山町福山3075
0995-54-7200(レストランは0995-54-7700)
9:00〜17:00(レストランは10:00〜17:00(16:00L.O)(10:00〜11:00はデザートドリンクタイム)
無休(年末年始は休業)
坂元のくろず 1000ml 2400円
天寿りんご黒酢 700ml 2850円
黒酢ドリンク(赤ぶどう)(柚子れもん) 270ml 700円
黒酢ドレッシング(白ごま) 175ml 700円
彩りランチ 1800円
(いずれも税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島(大隅半島)編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52167081.html