8/11に兵庫(最寄駅は明石)にオープンした「麺屋大羽」。おおば、と読むらしいです。実は知り合いの知り合いが働いている関係で、知り合い数名と共に訪問してみました!
確かに背脂煮干しは、今、流行りです。ドロ系とかセメント系とか言われるドロドロ煮干し系じゃなくて、簡単に言えば新潟県の燕三条系のような感じ。
でも、それがなぜ、明石なのか? 知り合いの知り合いだからあえて言いますが「東京ならともかく、なぜこの場所で?」というのが伺う前の率直な気持ちでした(ゴメンw)。
a-ooba01


明石駅から車庫前行(他、いろいろある)の路線バスに揺られること、約10分。吉田のバス停で下車し、約2分で到着。もっとこじんまりとしてると思っていたので、ちょっとびっくり。駐車場も広々。しかも結構、混んでるじゃないか。。。
a-ooba02


カウンターと小上がりで構成された店内には随所にメニューが掲げられ、質実剛健みたいなワクワク感あり。
ていうか入口にさりげなく大和製作所の製麺機「リッチメン」が鎮座しているところから自家製麺なことが明らかに分かります。
a-ooba04


そして、隣には大量の大きな煮干し。大きさからして九十九里かと思ったら伊吹いりこらしい。しかも8儖幣紊箸いβ腓さ(これが大羽いりこ)はとても希少なんだとか。
a-ooba03

a-ooba13


とりあえず数名でシェアしたのですが、まずは「背脂煮干し醤油ラーメン」を、背脂の量は普通でオーダー。いやいや、想像よりもトバしてますね。背脂がこれでもかと降り注がれてる。大丈夫か?明石だぞwww
a-ooba05

a-ooba06


でも、醤油スープをいただくと、清湯系ながら深みのある、しっかりとした煮干しテイストで、またびっくり。かなり大量に大羽いりこが使用されているのが分かります。それと、鶏胴ガラとモミジで採ったスープを合わせる、いわゆるWスープだそう。いりこや醤油のしょっぱさと背脂の甘さが、お互いの主張を保ちながらも上手にバランスを取ってます。美味しいじゃないか!!しかも煮干し粉も載ってるので、どんどんニボニボにwww
a-ooba07

a-ooba08


とはいえ、気になっていたのが麺です。実は僕、大和製作所の特別講師だったりするわけで、リッチメンを使って、どういう麺に仕上げるかが興味津々なわけですよ。したら、これまたびっくりな、国産小麦粉の多加水で、中太タイプ。しかも【オーダー後に手もみ】したちぢれ麺。これ、また心配要因。この客数(コロナ関係なければ42席)で、この中太で手もみし続けたら、だれか腱鞘炎になる気が(汗)。
麺自体は、もちもちでワイルドで美味です。もう少し長さがあればもっといいけど、中太だから難しいかなぁ(太いと短くなるのです)。
a-ooba09
a-ooba10


あとは、低温調理の肩ロースと、しっかりとした豚バラチャーシュー。埋もれて見えづらいけど、別皿で写真だけ撮らせてもらったのを見たら、なかなかの肉々しさあり。
メンマも太くて、存在感ありました。
a-ooba11
a-ooba17
a-ooba12


全体的に、明石にしてはトバしてるけど、意外にバランスよくまとまった1杯でした。美味しかった。ただ、後半ちょっと飽きてくるかなぁ。卓上のいりこ醤油、いりこ酢、いりこパウダー、いりこ辣油もあるけど(ていうか、全部いりこ推し!!)、ボク的にはもっと根本的な味の変化みたいな、たとえば「激辛玉」みたいな別料金トッピングで、激辛にシフトさせるとかが欲しいです。あとは、東京の「ホープ軒」とか「弁慶」みたいに、卓上に胡椒(黒胡椒)、おろしにんにく、一味唐辛子とか。
a-ooba18


続いて「背脂煮干し醤油ラーメン」の背脂鬼盛り。
もう、笑っちゃうくらい背脂鬼盛り。同料金ですから、もう、これは好みの問題ですね。ボクは性格的に極端なので、こっちのほうが好き(笑)
まぁ、新潟の「杭州飯店」の鬼脂よりはまだ食べやすいです(でも杭州のほうは腹脂なんでもっとトロトロしてて麺と絡む)。
a-ooba14

a-ooba15
a-ooba16


そして「あえ玉」。
これは、いわゆる味付きの替え玉で、特製いりこ醤油かえし、背脂、伊吹いりこパウダー、伊吹いりこ油、刻みチャーシュー、玉ねぎがトッピングされてます。よく「和え」て、そのまま食べても美味しい。スープに入れてもいいって言われたけど、ちょっとやってみたけど、結局、方向性(煮干し推し)が同じなので、よくわかんなかった(すみません)。
a-ooba19
a-ooba20


さらに「いりこめし」。
これは大羽じゃなくて中羽いりこを入れて炊きこんだいりこバター醤油味のふっくらご飯。これはこれで美味しいし、もちろんメニューにあってもいいけど、ボクは、白飯を残ったスープに入れたい。。。(白飯が無いと、みんな煮干しで、逃げ場が無い。。。)
a-ooba21


それから「伊吹いりこ濃厚つけ麺」。このストレート麺もいいですね。けっこう、啜りがいあります。つけ汁は、煮干しペーストみたいのを作って、スープと合わせたり煮干し油をかけたりしているみたい。独特のトロンとした口あたりのつけ汁で、ニボニボ感も炸裂。
a-ooba22

a-ooba23
a-ooba24
a-ooba25
a-ooba26


ほかにも「とり唐揚げ」←いりこ醤油に一晩漬けてあってジューシー
a-ooba27


「自家製餃子」←キャベツ&挽肉で、小ぶりで食べやすい
などもあり、それぞれ、美味。
a-ooba28
a-ooba29
a-ooba30


今回は数名で来たので、いろいろと味わえてよかったです。
でも、個人的には、ラーメン(麺160g)もつけ麺)(麺250g)も、同料金でもいいので、麺の量が半分(ハーフ)というのもメニューに加えて欲しいです。それがないと、あえ玉とかいりこめしとか頼めない。
あと、とり唐揚げも現状は3個だけど、1個から頼めればオーダーし易いですね(オペレーションが大変そうですが。。。)。

とはいえ、この場所でこの背脂煮干しで勝負する心意気がスゴイし、美味しかった!!
家の近所にあったら、もっと嬉しいなぁ。。
おいしかった!! ごちそうさまでした!!

麺屋大羽 (めんやおおば)
兵庫県神戸市西区枝吉5−5
078-922-0507
11:00〜24:00(23:30L.O)
定休日:無し
背脂煮干し醤油ラーメン 850円(背脂の量は、少なめ、普通、多め、鬼盛り)
あえ玉(味付き替え玉) 200円
いりこめし 250円
濃厚つけ麺 900円
とり唐揚げ(3個) 450円
自家製餃子 400円