アメリカ人もお墨付き。三沢エアフォースバーガー


明治時代、旧会津藩士が三沢に移住し、広沢安任が開設した洋式牧場「開牧社」の跡地に開設された「斗南藩記念観光村」。その一画に「道の駅みさわ総合案内施設 くれ馬ぱ〜く」があります。産直コーナー、情報発信コーナー、観光PRコーナー、レストランなどを兼ね備えた総合案内施設で、レストランでいただけるのが今、話題の「三沢エアフォースバーガー」です。

もともと12〜3月は三沢の約30軒で味わえる「ほっき丼」で人気を博しましたが、通年提供できる名物を、と考案されたバーガー。
三沢市は米軍空軍基地もあるので、実際にアメリカ人シェフなどを呼んで試食を数度行い、お墨付きをもらった正統派のアメリカンバーガーなのです。
バンズにパテは挟まっているものの、レタスやトマトなどの野菜は別添えになっています。それを自ら重ね合わせるという珍しきタイプ。
提供直前に焼いたバンズは、地元の有名店「cafe matiere IKEZAKI」特製で、香ばしく甘さ控えめゆえにパテとの相性も抜群。
パテは国産牛7割に地元のヤマザキポーク3割を合わせ、ジューシーさと旨みを兼ね備えています。

単品もありますが、フライドポテトとドリンクのセットが超お得。
テイクアウトがあるのも、嬉しいです。


レタスやトマトなどの野菜を自分好みに挟んで味わうハンバーガー
a-ao0201


地元の食材が購入できる産直コーナーや、名物のお土産なども目白押し
a-ao0203


レストランコーナーでは、ほっき丼やパイカ料理、寺山セットなども
a-ao0204


三沢エアフォースバーガー セット 650円。ポテトもBIGサイズで食べ応えあり
a-ao0207


テイクアウトも同料金。ロゴもアメリカ空軍をイメージしたアメリカンな雰囲気
a-ao0212


野菜が別添えゆえ、包装されたバンズ&パテをレンジで温めてもシャキシャキ野菜と合わせられる
a-ao0213



道の駅みさわ総合案内施設 くれ馬ぱ〜くレストラン
青森県三沢市谷地頭4-298-652
0176-59-2711
10:30〜16:30(L.O16:00)(4〜10月)
10:30〜15:30(L.O15:00)(11〜3月)
定休日:無休(12/31.1/1は休み)
三沢エアフォースバーガー セット 650円(単品500円)(税込)
(テイクアウトも同料金)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編2】へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52169839.html