確かな食材と丁寧な熟成寿司で定評のある「北の華」

北海道の食材といえば真っ先に思い起こされるのが海産物です。海産物といえば寿司。千歳にも名店と呼ばれる店舗が数多くあります。特に人気なのが「北の華」。地元の千歳出身の林 直司氏が、札幌の有名寿司店で10年修業の後、1996年12月に創業しました。カウンターと個室の小上がり席のある店内では、5000円、7000円、9000円のコースが主体。例えば7000円のコースでは、前菜、お造り盛り合わせ、一品2〜3点、握り7〜8寛、汁ものといった構成で、カウンターでは同料金でも握り多めのラインナップになるとか。江戸前スタイルの握りで、シャリには赤酢を用いるのは千歳では珍しいです。そして驚きなのがマグロなどは日本屈指の有名寿司店がこぞって崇拝する東京・豊洲市場の有名仲買い「やま幸」から仕入れている点。さらに地元の魚も含めて熟成系と呼ばれるスタイル。まさに丁寧に時間をかけて仕事を施す姿勢に、敬服します。ちなみに林氏は2013年に隣に完全予約制の「北の華 はやし」を創業(ミシュラン2つ星)。特に地酒と寿司を追求した12000円コースの料理を提供なさっています。

7000円コースの一部。前菜、お造り盛り合わせ、一品、握り、汁ものという構成
a-chitose0301


檜の一枚板を用いた、堂々たるカウンター。その他、個室タイプの小上がり席も
a-chitose0303


林氏に代わって店舗を統括する中山雅晶店長。真っ当な仕事ぶりが映える
a-chitose0304


「やま幸」仕入れの中トロや赤身、昆布や酢などで締めたサワラ、真ゾイなど熟成系
a-chitose0307


焼きめがカリッと香ばしい、ふんわりとした蒸し穴子。ツメのまろやかな甘味もいい
a-chitose0312


通称“カニタワー”。この日は道東から活で仕入れ。湯がいてほぐす
a-chitose0313


a-chitose0302
a-chitose0308
a-chitose0309
a-chitose0310
a-chitose0311


鮨処 北の華 (すしどころ きたのはな)
北海道千歳市幸町1-1
0123-23-5126
17:30〜23:00(22:30L.O)
定休日:日曜日
7000円コースほか(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【千歳編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52171234.html