東坡肉が進化した「岩崎本舗」の「長崎角煮まんじゅう」


観光地でもある長崎で、気軽に食べ歩きしたい時にぴったりなのが「岩崎本舗」の「長崎角煮まんじゅう」です。創業は1965年(昭和40年)。初代は岩崎博孝氏。長崎独特のコース料理である卓袱料理のなかの一品に東坡肉(とんぽうろう)があります。いわゆる豚の角煮のことで、その東坡肉を「もっと手軽に食べたい」「もっとおいしく」と願って考案したそう。市内随所にありますが、今回は西浜町店に伺いました。新地中華街の目の前なので、観光・ショッピングのついでに寄れる、便利な立地です。店先には三段に重なった蒸し器があり、湯気とともに美味しい香りが漂っています。こちらではイートインのスペースがあるのも嬉しいです。さっそくひとついただきました!まずは生地がふわっとしていて美味。独自の小麦粉の配合で、ベーキングパウダー不使用というこだわりぶり。季節や製造する時間帯を考えて水温や発酵時間なども細かく調整しているとか! そして豚の角煮。こちらは2代目社長が10年かけて探し出したチリのアンデス高原豚のメスを使用しているため、臭みもなく、ジューシー。チョーコー醤油と協力した独自の醤油で化学調味料不使用の優しい豊かな味わいが楽しめます。

長崎角煮まんじゅう。レギュラーの他「大とろ」「チーズ」など種類豊富
a-nagahan0201


新地中華街至近の西浜町店。長崎空港店などもあり、旅の最後の思い出にも
a-nagahan0202


テイクアウトのほか、イートインも。通販もおこなっている
a-nagahan0203


店頭の三段重ね蒸し器。レギュラーの他、さまざまな角煮まんじゅうが楽しめる
a-nagahan0204


一段で9個の角煮まんじゅうが蒸せる。蒸したては、さらに格別
a-nagahan0205


豚バラをじっくりと煮込んだ角煮。分厚いのに、とろけるような味わい
a-nagahan0206


岩崎本舗 西浜町店 (いわさきほんぽ)
長崎県長崎市銅座町3-17
095-818-7075
10:00〜21:00
無休
長崎角煮まんじゅう 450円(税込)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編2】へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52172388.html