まん延防止等重点措置も解除され、東京は活況を呈しつつあります。
先日、「鮪のシマハラ 大手町店」のレセプションに伺いました。
a-shima01


大手町といえば建物は違いますがトリドール運営の「伊吹うどん」「肉のヤマキ商店」が撤退と
コロナ禍によるリモートワークでゴーストタウン化していたイメージ。
実際、こちらも苦戦を強いられ、一時休業なさっていたのをリニューアルオープンしたそう。
a-shima03


場所は大手町カンファレンスセンターB1F。
伺ってびっくり!
ちょうどお昼時ということもあり、レストランフロアのB1Fはオフィスワーカーさんたちでごった返しています!!
(写真ではそんなに多そうに見えませんが、実際は歩くのも大変なほどの人手)
a-shima02


リニューアル後のコンセプトは
アイルランド産天然本マグロをメインにした23種類の料理の食べ放題と
50種類以上のお酒が飲み放題で、2時間、6600円(税込)(L.O1時間45分)

代表取締役の島原 慶将さんは、高知県生まれ。
上海でマグロ料理「天家」を創業し、直営14店、FC3店まで成長させて譲渡し帰国。
2019年に神保町に「鮪のシマハラ」をオープン。他に水道橋もあり、計3店舗に。
a-shima04


布おしぼりが出る飲食店は、ほぼ間違いないです。
ビニール袋に入ったタイプだと、なおさら。
a-shima16


生ビールをいただきました。飲み放題なので安心 笑
a-shima05


アイルランド産天然本マグロ盛(2人前)
a-shima06


中トロ
a-shima07


赤身
a-shima08


カマトロ
a-shima10


鉢の身(脳天)
a-shima09


もちろん美味しいです♪

アイルランド産の天然本マグロは自然保護の観点から漁獲枠に制限があり、日本における国内流通量が数パーセント。
以前にスシローのフェアにも限定で登場してたけど、高級料亭などでしかお目にかかれないようです。

希少価値というだけでなく、北の海ゆえに海が荒くて、経費もかかるし、仕入れも外国産の中ではとても高価なのだとか。
でも、そこはマグロに特化したシマハラさんの意気込みというか、
マグロの美味しさを知ってほしいという思い入れがありました。

つまみとしてのトロタク。
通常は海苔などとともに手巻きずしセットに。
a-shima11


その後は何でもオーダーしてOKというのでメニューを拝見。
こんなにあるんだ!
筋肉カリフラワーブロッコリー、特徴のないみそ汁、、気になります(汗)
a-shima25


とりあえず、今回はマグロにしよう。。。
写真付きのが特にオススメと思われるので、この中から。
a-shima27


インドマグロカマ焼き
オーダー後に焼き上げるので10分ちょっとかかりましたが、美味しい!!
脂のノリがトロ的なので、焼けば柔らかさが前面に出ますね。
a-shima12


ドリンクもお代わり。
たくさんありすぎて迷いますが、
ぶ酎ハイ【高知】なるものを発見。

a-shima13

四万十の“ぶしゅかん”という柑橘を用いた酎ハイみたい。
みかんのような酸味があります。

マグロ白子天ぷら
マグロの白子を頂いたのは初めてかも。
説明文にはトロっととか書かれてますが、実際はまろやかな感じ。
a-shima14
a-shima15


島原さんは高知県出身で高知の観光大使みたいな役割もあるそうで
日本酒も高知の地酒が多し(都度変わるみたい)
慎太郎、四万十川、南。。。これ、飲み放題で良いのでしょうか?(大汗)
a-shima22
a-shima23
a-shima24


マグロ焼肉ホホ肉
a-shima17


セルフで焼くんだ!!
a-shima18


なるほど、なのでレアでもカリカリでも楽しめるって、そういうことか!!

半面レア、反面カリカリにしました(笑)
旨いなぁ。味のグラデーション♪♪
a-shima19

a-shima20
a-shima21


他にも料理やドリンクたくさんあるし、今のところどの料理も何度でもオーダーOKだそうで

これは【お得すぎ】
たぶん原価率50%近い。。。

美味しかった!!&楽しかった!!
ありがとうございました\(^o^)/

鮪のシマハラ 大手町店
東京都千代田区大手町1-3-2 大手町カンファレンスセンターB1F
03-6269-9001