ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

ラーメン(東京)

2軒目は、九段下の『斑鳩』。そういえば2日前も会ったんでした。相変わらず笑顔がステキ。どんなに有名になっても仕込みを毎日自分でやってて「地味なんです」と笑う姿勢に敬服シマス。これまた豚骨醤油魚系でトロトロスープがたまりません。半熟玉子もジュルルー。肩ロース

Walkerのお仕事でラーメンやさんを回りました。まずは深川の『こうかいぼう』。いわゆる豚骨醤油魚系で美味ですが、一番の良さはなんといってもご主人と奥さんの人柄。ご主人が介護会社の出身なので、優しさが店全体を包んでマス。パンダやバリネコ、なまずのオブジェもかわ

知り合い主催の飲み会みたいのがあって、およばれしたので行ってきました。『がんこ』の一条さんには「札幌らーめん共和国」へのお誉めの言葉を頂き、『ちゃぶ屋』の森住さんには『黒船』と新店構想の話を聞き、『武蔵』の高山さんには今後のいろいろを聞き、『二天』の三浦

本日3軒目は赤坂の『リュウキュウアーユーを食べる会』。玉川の『鮎ラーメン』の支店ですが、本店で修業していたAKAの高橋さんがついに自分の店を!って感じです。今は小田さん(本店店主)もこちらの手伝い中。僕が担当って伝えてなかったんで、「あんたかい!」「ぼくちゃ

Walkerのお仕事で朝からラーメン屋さんを回っています。まずは赤羽岩淵の『胡水』。製粉会社出身で、横浜の大勝軒も手伝っていたこともあるご主人。なので麺に関してはプロ中のプロ。少しウェーブのかかったしなやかさがグッドです。大勝軒を想像して訪問したのでイチ

以前から環七通りを走っていて気になっていた、つけめん屋さん。いつも仕事の途中なので立ち寄れず、通り過ぎてしまっていました。今回も仕事の途中。30分ほど遅れてしまうのを分かっていながら、気がついたら席に(^^ゞ。さらりとした縮れ麺に、甘くて酸っぱいつけ汁。最近『
『くっちゃいな(東京)』の画像

東池袋『大勝軒』といえば、東京風つけめんを考案した山岸さんのお店。最近はいろんなお弟子さんが独立していろんなところに『大勝軒』が増えてマス。ここ『中板橋大勝軒』もその一軒。つけ汁がちょっと甘めという知り合いもいますが、僕的にはこの甘さが心地よいデス。けっ
『中板橋大勝軒(東京)』の画像

↑このページのトップヘ