ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(東京以外の関東)

大宮駅の東口界隈は、なかなかの「飲み街」が形成されてます。 でも、新幹線を途中下車して向かう時と、 昼間におうちからクルマで来る時と、 アプローチの仕方が違うせいか、同じ区画に来たという概念が全くなく。。 先日、大宮にクルマで行きました。 停めたのはスーパー
『【蕎麦】桃栗あん(埼玉・大宮)』の画像

先日、千葉は館山の「手打そば・うどん たちばな」に伺いました! 創業20余年。 ご主人は、八王子の有名蕎麦店で修業ののち、東京のホテルで接客や料理も学んだそう。 石臼挽き自家製粉の手打ちそばは、産地にもこだわり、二八、粗挽き田舎、十割を打ち分ける。 それをすべ
『【蕎麦】たちばな(千葉・館山)』の画像

先日、千葉は浦安の「蕎麦 うらやす 信や」に伺いました! 蕎麦の実(丸抜き)を仕入れて自ら石臼挽きした、ほぼ十割のそばは、風味とつるりとしたのど越しです。 しかもカツオ(本枯)節を厚削り薄削り2種類、手削りする真剣ぶり。 そんな出汁が活きつつも一興なのが「海苔
『【蕎麦】蕎麦 うらやす 信や(千葉・浦安)』の画像

先日、千葉は銚子の「手打 甚作」に伺いました! 東京・練馬「甚作」から独立して27年。 地魚天せいろをいただきました♪ 北海道は幌加内の玄そばを使用した手打ちそばは、太めでややもちもちしてます。 地元「小倉醤油」の杉樽熟成の醤油を用いた辛汁(つけ汁)も、 カ
『【蕎麦】手打 甚作(千葉・銚子)』の画像

先日、埼玉はさいたま市の緑区にある「手打ち蕎麦 なかや」に伺いました! 創業約40年。建て替えを機にリニューアルし、手打ちになさったそう。 かき揚げせいろをいただきました♪ 国産そば粉挽きたてにこだわった、石臼挽き自家製ふんの平打ち二八そば。 のどごしと
『【蕎麦】手打ち蕎麦 なかや(埼玉・さいたま)』の画像

先日、神奈川は平塚の「磯っぺ」に伺いました! 平塚の海を一望しつつ、手打ちそばなどが味わえます♪ 石臼一番挽き粉を用いた二八そばは、香りとのど越しが秀逸です! フランス産の鴨を使用した「鴨せいろ」がイチオシというので、それを♪ 地元平塚で毎朝水揚げ
『【蕎麦】磯っぺ(神奈川・平塚)』の画像

先日、神奈川は阪東橋駅近くの蕎麦屋さん「安楽」に伺いました! 人気スポット、横浜橋通商店街の一画で、創業70年。 名物は、故・桂歌丸師匠もお気に入りだった、 商店街の活性化のために考案された「よこはまばし」。 海老と野菜のかき揚げの乗った、きのこ入りあ
『【蕎麦】安楽(神奈川・阪東橋)』の画像

先日、千葉は成田の「蕎麦割烹 一福」に伺いました! 常陸秋そばを主体に石臼挽き自家製粉した手打ち二八そばは、まさに王道の味わいです。 カツオ(本枯)節メインで昆布も使用する辛汁(つけ汁)も、東京の有名店仕込みですが、 成田に合わせて、ややまろやかに仕上げてい
『【蕎麦】蕎麦割烹 一福(千葉・成田)』の画像

先日、茨城はつくばの「純手打ちそば きむら」に伺いました! 創業以来37年。 東京の有名店「本むら庵」で修業を積んだ2代目が、その腕を活かしつつも、先代からのそばを継承なさってます。 天せいろ(海老一尾、野菜四品)をいただきました! 地元茨城や北海道から玄そば
『【蕎麦】純手打ちそば きむら(茨城・つくば)』の画像

先日、千葉は成田の「まごころ庵」に伺いました♪ 障害のある方の就労支援「ビーアンビシャス」直営。 北海道産の玄そばを製粉から行う“挽きたて、打ちたて、茹でたて”の二八そばは、そば殻も加えた“星”の入る本格派でした。 鹿児島産カツオ節などの風味香るツユも美味し
『【蕎麦】まごころ庵(千葉・成田)』の画像

↑このページのトップヘ