ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(九州・沖縄)

優雅なひととき、ホテル日航ハウステンボス 先日、長崎は佐世保のハウステンボスに行きました。 以前は経営難とか言われていましたが、現在はH.I.Sが運営となり、一気に黒字化。 やり方ってあるんだなぁと勉強になります。 泊まったのは「ホテル日航ハウステンボス」 テー
『【ホテル】ホテル日航ハウステンボス』の画像

長崎のお土産は長崎空港エアポートショップが便利 いかがでしたでしょうか、長崎グルメ2泊3日の旅。 ラーメン、うどん、海産物、トルコライスと幅広いラインナップ。 どれも美味しくて、まさに食のオンパレードでした! さて、番外編です! 今回は、長崎空港の出発階2階
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】番外編・お土産(長崎空港エアポートショップ)』の画像

お客様の要望を受け入れ続けた結果、トルコライスが186種類に 長崎のご当地グルメといえば、ちゃんぽん、皿うどん。そして、忘れちゃならないのがトルコライス。発祥の説もネーミングの説も多様ですが、豚カツ・チャーハン(もしくはカレーピラフ)・スパゲッティ・サラダ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】3日め・トルコライス(ニッキー・アースティン)』の画像

石畳ショコラのほか、ジェラートなども大評判 長崎は古くからカステラなどのスイーツが浸透していたせいか、市内各地に美味なる洋菓子・和菓子店が多いです。中でも最近、特に人気なのが『アリタ』。昭和43年、先代の有田史郎氏が『有田菓子舗』を現在の道ノ尾店にカステラ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】3日め・洋菓子(アリタ)』の画像

クルマで40分かけても、お刺身定食を求めて行くべき 「長崎市の魚市場に、海産物が美味しい食堂がある」そう聞いたら、行かずにはいられません。市場というからには朝早くから営業しているだろうし、ならば朝食を、と思い、まずは魚市場を調査。 すると、長崎市といっても
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】3日め・刺身定食(長崎 水産食堂)』の画像

伝説のからあげ復活&一口餃子も かつて思案橋界隈に、長崎っ子のソウルフードともいえる、有名な鶏のからあげ屋さんがありました。残念ながら2014年に閉店。あの味は、もう食べられないのかと、長崎の人々は残念がっておりました。まさに、伝説のからあげ。 その味が、1年
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・からあげ&一口餃子(とり福)』の画像

眼鏡橋のたもとで、おじやセットをいただく 長崎の中島川に架かる眼鏡橋は、観光スポットとしても特に有名です。もともとは寛永11年(1634年)に興福寺の黙子如定禅師が架設したといわれ、日本初のアーチ式石橋でもあります。昭和57年(1982年)には長崎大水害で一部崩壊しまし
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・おじや(一二三亭)』の画像

長崎港ターミナルで、朝7時からうどんが味わえる! 長崎県には五島列島や伊王島などの島があり、長崎港ターミナルから船で行くことができます。ユネスコ世界文化遺産に登録された軍艦島への周遊&上陸コースも。 そんな長崎港ターミナルの1階にあるのが、うどん屋さん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・うどん(南蛮亭)』の画像

美味しくてリーズナブルで深夜まで。大評判の寿司店 長崎随一の繁華街、特に夜になればネオンがきらめくのが銅座町周辺です。 その銅座観光通りの春雨交差点から銅座橋へと曲がってすぐの通り沿いにあるのが『すし処 小吉 銅座店』。 店内はThe寿司店という雰囲気。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】1日め・寿司(小吉 銅座店)』の画像

パスタが人気の、築町の隠れ家的なイタリア料理店 長崎県庁に程近い築町で、白を基調としたレンガが素敵なトラットリア『LA VENTURA』(ラ ベントゥーラ)。 オーナーシェフの本田光義さんは、東京のイタリア料理店で腕をふるい、長崎に戻ってからもイタリア料理店を経て、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】1日め・イタリア料理(LA VENTURA)』の画像

↑このページのトップヘ