ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(九州・沖縄)

地元の安納芋“こがね”を用いたパイ包みが超話題 いかがでしたでしょうか?種子島グルメ2泊3日の旅。新鮮な海産物から肉料理、ジェラート、そして眺めの素敵なレストランや宇宙センターの職員食堂まで、今回も幅広いラインナップで、まさに種子島を満喫でした! さて、今
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】番外編・お土産(菓子処 渡辺)』の画像

オーシャンビューでの食事は最高 長い海岸線が続く種子島でも、海の見えるレストランは少ないです。しかもオンザビーチとなると希少。でも「eastcoast」は青い海を見ながら食事ができるのです。 しかも2階なので、眺望も素晴らしき。ちなみにサーフィンやダイビングショ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】3日め・レストラン(eastcoast)』の画像

料理に定評のある「はえの民宿」でランチを 種子島は鉄砲伝来や宇宙センターもさることながら、サーフィンやダイビング、カヤックなどのアクティビティでも有名な地です。そのためホテルはもちろん、民宿も随所に存在します。 でも宿泊せずにランチだけいただけるところは
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】3日め・海鮮丼(はえの民宿)』の画像

西之表市の隠れ家的なカフェレストラン 種子島は西之表市の、わかさ公園。鉄砲伝来を記念して名づけられた公園で、市街地にも近く、多くの市民の憩いの場としても知られています。日本・ポルトガル修好記念碑などのほか、戦没者慰霊塔や相撲場、テニスコートが松の緑の中に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】3日め・ハンバーグ(cafe 南帆)』の画像

種子島を代表する海鮮料理店で、さまざまな鮮魚を 昭和63年創業。種子島を代表する海鮮料理。それが『魚匠 一条』です。 軒先には“緑提灯”が飾られた、かごしま地産地消推奨店。和の雰囲気がふんだんな1軒です。 「鮮魚の美味しさ」が外観からも伝わってきますね! 店
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】2日め・海鮮料理(一条)』の画像

魚を知り尽くした店主による、こだわりの華会席 種子島は海産物の宝庫です。季節や時期ごとに旬の魚などが次々と採れ、通年に渡ってその時の良さが光ります。そんな種子島ですから各地に素敵な海鮮料理やさんがあります。特に西之表市は随所に。その中で、まるで料亭のよう
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島編2】2日め・海鮮料理(なごみ)』の画像

寿司や御膳など特に海産物が評判 『八千代』は種子島の玄関口、空港や港と宇宙センターや門倉岬の中間地点である中種子町に位置しています。 昭和50年創業で、地元の食材をたくさん用い、また、地元の焼酎も多数用意。予約をすればより一層種子島の食材を楽しめるそう。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島編2】1日め・海鮮料理(八千代)』の画像

イタリア仕込みの本格ジェラート! 種子島の南側。種子島宇宙センターやマングローブ自生林の近くに『島宿HOPE』という素敵なホテルがあります。色使いも可愛らしいツインやデラックス、プレミアム、和室などの部屋を有する、お洒落な雰囲気。 敷地内には緑豊かな芝生や
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島編2】1日め・ジェラート(種子島ジェラートHOPE)』の画像

種子島宇宙センターで食事ができる! 種子島というと鉄砲伝来などの歴史とともに有名なのが種子島宇宙センターの存在です。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が設置し、運営しています。 総面積約970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場。種子島東南端の海岸線に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島編2】1日め・レストラン(種子島宇宙センター職員食堂)』の画像

↑このページのトップヘ