ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

その他の料理(九州・沖縄)

さまざまな奄美の豆腐料理が一度に味わえる 奄美大島の豆腐料理専門店『島とうふ屋』。 昔懐かしい、昭和の大衆食堂を思わせる雰囲気の中で、豆腐ハンバーグ、奄美湯豆腐、豆乳わらびもちなど、さまざまな奄美とうふ料理が楽しめます。 とても天井が高く、木の温もりが活
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編2】3日め・島豆腐料理(島とうふ屋)』の画像

海の家のような開放感で、さらに美味しく イーフビーチ近くのメイン通りには、様々な飲食店があります。その中で、ちょっと異才を放つというか、オリジナリティあふれる店舗が『スリーピース』。写真をご覧頂ければわかると思いますが、かなり開放感のある1軒です。 「海
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】2日め・久米島そば(スリーピース)』の画像

久米島の素晴らしさを“そば”で伝える 久米島は沖縄県に属する島です。石垣島などの八重山諸島よりも、沖縄本島寄りの文化圏で、沖縄そば(通称:そば)も本島に似ています。唯一違うとすれば、麺が地元の製麺所のものを用いるくらい。 そんな「そば」ですが、ここは外せな
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】1日め・島味噌もやしそば(やん小〜)』の画像

回転式「そうめん流し」の発祥地が指宿に そうめん。それは奈良県桜井市の三輪そうめんが発祥とされ、奈良時代に遣唐使が持ち帰った策餅を起源とするもの。今では全国各地で製作されるようになり、九州でも島原そうめん、五島そうめんなど様々。 でも鹿児島はそうめん処で
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】3日め・そうめん流し(市営唐船峡そうめん流し)』の画像

天文館のオアシス的存在の洋風居「食」屋 「bocca」とは、イタリア語で、口。 楽しい会話も美味しい食事もお口から。そんなイメージぴったりの1軒。16時を過ぎれば、マスターの中塩屋広貴さんとの楽しいひとときを過ごしたくて、常連さんや一見さんが訪れます。 場所は、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】2日め・オムライスほか (洋風居食屋 bocca)』の画像

お客様の要望を受け入れ続けた結果、トルコライスが186種類に 長崎のご当地グルメといえば、ちゃんぽん、皿うどん。そして、忘れちゃならないのがトルコライス。発祥の説もネーミングの説も多様ですが、豚カツ・チャーハン(もしくはカレーピラフ)・スパゲッティ・サラダ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】3日め・トルコライス(ニッキー・アースティン)』の画像

眼鏡橋のたもとで、おじやセットをいただく 長崎の中島川に架かる眼鏡橋は、観光スポットとしても特に有名です。もともとは寛永11年(1634年)に興福寺の黙子如定禅師が架設したといわれ、日本初のアーチ式石橋でもあります。昭和57年(1982年)には長崎大水害で一部崩壊しまし
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・おじや(一二三亭)』の画像

お世話になっております。はんつ遠藤です。 毎月連載・農林水産省の広報誌「aff」8月号では、島原そうめんをご紹介! 全国の図書館などに置いてありますが、 ネットでも見れます(*^^*) 表紙を開いた1〜2頁めです♪ よろしくお願い致しますm(__)m http:
『【連載】農水省「aff」8月号』の画像

阿蘇の山奥で頂く田楽コースは驚きの連続! 熊本グルメ2泊3日の旅も、いよいよラストの1軒となりました。 熊本空港から羽田空港へと向かうJALの最終便は19:50なので、19時に空港へ着けば余裕です。というわけで、最後に訪れたのは18時まで営業している『高森田楽保存会
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【熊本編】3日め・田楽料理(高森田楽保存会)』の画像

笠利町に素敵な郷土料理が味わえるランチビュッフェが! おはようございます。奄美グルメ2泊3日の旅、2日めです。 ホテルは名瀬の市街地に泊まっているのですが、「とても素敵なランチビュッフェがある」と聞き、奄美空港のほうへ国道58号線を走っていきました。約35分
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編】2日め・郷土料理ランチビュッフェ(野のはな)』の画像

↑このページのトップヘ