ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(北海道)

はんつ遠藤です‼️【はんつTV】48回めは、連載中のJAL(日本航空)とのコラボ企画「OnTripJAL」函館編で伺った、老舗のお蕎麦やさん「東京庵」です🎉 ご主人の熱いトークがGOODです(なのに顔出しNG(汗))😅youtubeチャンネル登録もよろしくです😍YOUTUBE動画URLは、こちらです
『【はんつTV】東京庵(北海道・函館)で蕎麦』の画像

昭和11年創業の老舗「そば処 東京庵」で黒豚せいろ 函館山へのロープウェイ山麓駅や函館ハリストス聖教会にもほど近い、末広町にある「そば処 東京庵」は、創業が昭和11年5月という文字通りの“老舗”そば店。現在は3代めの佐藤康文さんが切り盛りなさっています。「もとも
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編3】1日め・そば(東京庵)』の画像

唯一無二の存在。黒くて太い手打ちそばに、かきが載る 釧路にはそば店がとても多いです。元来、北海道はそば粉の産地ですから、当然ともいえるのですが、そば好きが多いのも頷けます。でも『玉川庵』は一風変わっています。ここでしか味わえないオンリーワンな味わい。 店
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】1日め・そば(玉川庵)』の画像

元町や古民家を改装した雰囲気で、手打ちそばを 函館ハリストス正教会へと通じる大三坂沿いに約8年前にオープンした蕎麦店『蕎麦菜菜 久留葉』。函館の建築史の祖と言われている、村田専三郎氏の私邸だったそうで大正時代の古民家。それを改築した雰囲気もまた、情緒溢
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編2】3日め・そば(蕎麦菜菜 久留葉)』の画像

創業以来60余年、小樽を代表する蕎麦店 おはようございます!札幌小樽グルメ2泊3日の旅も、3日め。最終日です。 今日は、ちょっと札幌を離れて、小樽へ向かいました。 創業は昭和29年。もともとは小樽駅前国道五号線角「うさぎや最中屋」跡(現、長崎屋交差点角パイプモニ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌小樽編3】3日め・蕎麦(藪半)』の画像

知床斜里駅前で、夜に十割蕎麦と一品料理が楽しめる 斜里町の夜も日が落ちた初日の夜。冬の時期は特に日の入りが早いので、17:30でも暗いです。今宵は、JR釧網本線知床斜里駅前にある、知床そば居酒屋の『えん』へ。 店内の中心部にゆったりとした空間が広がる、ち
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【知床編】1日め・蕎麦居酒屋(えん)』の画像

北前船に思いを馳せながら、にしんそばを 北海道江差町。民謡の“江差追分”で有名な当地は、かつてニシン漁が盛んでした。北前船で日本海〜瀬戸内海を通って大阪へと運ばれ、巨富を得た方々も多く、旧中村家住宅に代表される、通称“ニシン御殿”が存在する地。また、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【みなみ北海道編】2日め・そば(和海)』の画像

釧路の蕎麦業界を牽引し続ける 釧路の蕎麦を語る際、無くてはならない存在の『竹老園東家総本店』。 初代の伊藤文平氏が、小樽の地にて明治7年に創業しました。 その後、函館に移転し、さらに釧路へ移転し、明治45年に再度、開業という、文字どおりの老舗です。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編】1日め・蕎麦(竹老園東家総本店)』の画像

蕎麦も器も手作りの良さが光る 北海道は蕎麦の生産も盛んな地です。日本全体での生産量の内、約1/2を占めています。特に有名な生産地は幌加内(ほろかない)。その他、深川市、旭川市など各地で栽培されています。寒暖の差がある地が向いているといわれているので、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【帯広編】2日め・蕎麦(匠)』の画像

創作蕎麦&ガレットを堪能 北海道は食材の宝庫と呼ばれていますが、中でも蕎麦粉の収穫量はとても多いです。平成24年産、日本全体の蕎麦の収穫量は44400トン。そのうち北海道が19700トンですから、実に約44%が北海道産なわけで。 余談ですが、ここ数年、蕎麦
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編】1日め・蕎麦(きたわせ)』の画像

↑このページのトップヘ