ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(東北)

お世話になっております。はんつ遠藤です! JAL×はんつ遠藤コラボ企画の51回め「仙台編」が、JAL側でもUPされました\(^o^)/ On trip JAL 仙台・グルメ2泊3日の旅 1時間待ちの牛たん、お花屋さんに併設のカフェ、国分町の寿司、ソウルフード的なスパゲティ
『【連載】On Trip JAL 51回め「仙台・グルメ2泊3日の旅」』の画像

お土産はぜひ仙台空港で空港限定日本酒&スイーツを いかがでしたでしょうか? 仙台2泊3日、グルメの旅。 牛たん、マーボー焼きそばなどのご当地グルメから、地元の食材が活きる寿司、居酒屋さん、ずっと人気のパスタ店、そしてお花に囲まれた素敵なCafeなど、さすが仙台。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】番外編・お土産(仙台空港)』の画像

美味しい肴と、笑顔溢れる楽しさで、話題沸騰中 東北一の大都市、仙台なので、市内には数多くの飲食店が存在します。夜の街という側面も強いため居酒屋も1000軒以上。 そんなにたくさんあるので、今や話題沸騰中、予約困難と言われるのが『居酒屋ちょーちょ』です。 木目
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・居酒屋(ちょーちょ)』の画像

仙台でキャベツたっぷりの広島風お好み焼きを 仙台でお好み焼き屋さんは時々ありますが、広島風お好み焼きを提供なさるところは珍しいです。それが『ねぎぼーず』。一戸建ての可愛らしい店舗で、周りには田園地帯が広がっています。仙台と言っても郊外ですね。都会の喧騒か
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・広島風お好み焼き(ねぎぼーず)』の画像

仙台の新名物、マーボー焼きそばを、ぜひ 仙台には冷やし中華や牛たんなど様々な名物がありますが、今、最も注目されているご当地グルメといえば「マーボー焼きそば」でしょう。 その、おそらく元祖で、火付け役と言われているのが『まんみ』。 もともと仙台駅前に45年く
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・マーボー焼きそば(まんみ 泉店)』の画像

カウンター越しで繰り広げられる藁焼きのかつおなど 繁華街、国分町に予約必須の居酒屋あり。場所は稲荷小路の1階。藍色の垂れ幕が目印の『阿古』。 親方の百武稔さんは、仙台市の出身。 「店名は、三宅島の地名なんですよ」と笑う百武さん。 伺えば、釣りが好きで各地
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・居酒屋(阿古)』の画像

どーんと、ボリュームたっぷりのとんかつ 実は宮城県は「とんかつ」の街とも言われています。その数、なんと150軒以上。美味なる店舗が各地に存在し、美味しい戦いを繰り広げています。 こちら『とんかつ竜』も、根強いファンが多い1軒。ご主人の遠藤修さんは2代目。岩沼の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・とんかつ(とんかつ竜)』の画像

仙台駅西口1階Dilaに移転! 1985年から続くスパゲティ専門店 創業、昭和59年(1985年)。仙台駅3階の新幹線南口改札前にオープンした『Pasta House TRIANGLE(トライアングル)』は、瞬く間に大評判となり、仙台っ子のソウルフードとまで言われるようになりました。 そして、2
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・パスタ(TRIANGLE)』の画像

寿司店一筋の親方が国分町で握る 仙台の国分町と言えば東北屈指の繁華街。その一画、定禅寺通りと広瀬通りを結ぶ晩翠通りにある寿司『百々(どど)』。 親方の百々宏二さんは、塩釜の出身。 「小さい頃から寿司屋になるのが夢だったんです」と笑うとおり、まさに寿司店主が
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】1日め・寿司(百々)』の画像

お花屋さんに併設の、女性に人気なCafe 仙台市太白区の地下鉄南北線富沢駅近くに『AOBA GARDEN』というお花屋さんがあります。昭和47年(1972年)の創業。 その一画に併設するように素敵なCafeが。それが『La Douce Vie(ラ ドゥース ヴィ)』。 白を基調とした明るく優しい
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】1 日め・Cafe(La Douce Vie)』の画像

↑このページのトップヘ