ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(東北)

取材&撮影で、 山形、仙台へ行ってきました! 全国的に暴風雨という噂でしたが、 幸いにも凄かったのは深夜だったようで 殆ど傘も要らずにGOODでした 今日は、埼玉県浦和市で取材&撮影。 今日もがんばりましょう\(^o^)/
『山形&仙台に行きました』の画像

花巻空港でプライムポークのハンバーグや安比高原のソフトが! いかがでしたでしょうか?岩手グルメ2泊3日の旅。 雄大な自然に囲まれた盛岡で、麺料理をはじめ、海の幸、山の幸、そしてパンや地ビールなど。美味なる毎日を満喫♪ さて、今回も番外編です。やはりJALといえ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】番外編・花巻空港レストラン(レストラン安比高原)』の画像

創業半世紀以上の名店で、名物「納豆巻き」を 盛岡市には約100軒の寿司店があります。その中で創業が昭和30年代、今も人気の『三寿司』へと足を運びました。総本店と大通本店、大通支店がありますが、今回は菜園にある総本店へ。威風堂々とした雰囲気も素敵です。 店内に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】3日め・寿司(三寿司)』の画像

2大名物「ネギそば」「塩辛丼」をいただく デパート『カワトク』などがある盛岡市菜園にある隠れ家的な1軒。路地を進むと突き当りに『うし亭』があります。 洋風居酒屋らしい、ブラウンの木目が活きる店内。創業30余年。 ご主人の小田島竜さんは2代目。 もともとお父様が
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】3日め・ネギそばほか(うし亭)』の画像

アットホームな和める雰囲気で海鮮料理を 創業以来30余年。木のぬくもりや照明を落としたシックな雰囲気で、初めて来たのに落ち着けると評判の『網玄』。柱や壁面も南部曲がり家の廃材を上手に活かしています。 ご主人の田中擧司(写真:右)さんは、京都の出身。 製薬
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】2日め・居酒屋(網玄)』の画像

JA全農いわて直営店で、ごはんお代わり無料の定食 自然豊かな岩手県では農業も盛んです。2015年(平成27年)のデータでは、総世帯数492千戸のうち、66千戸が農業。全体の約13%。畜産、りんご、野菜など多岐に渡ります。 一番の産出額は鶏(22%)で、それと双璧をなすのがお米(2
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】2日め・レストラン(銀河食堂)』の画像

ドイツの醸造設備で、岩手の地ビールを 岩手県盛岡市に、ドイツより移設した醸造設備を駆使し、ヨーロッパの伝統的な製法によるクラシックビールを造る『ベアレン醸造所』というブルワリーがあります。創業は2001年(平成13年)。 その地ビールが味わえるのが『BEER PUB BAER
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・ビアパブ(BEER PUB BAEREN)』の画像

盛岡に来たなら、ぜひ「わんこそば」体験を 盛岡名物、わんこそば。多くの方が一度は聞いたことがあるでしょう。盛岡に来たならばぜひ体験してみたいもの。そこで、門を叩いたのは『東家 本店』。明治40年創業の老舗そば店です。 1階は普通のおそば屋さん。手打そばや、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・わんこそば(東家 本店)』の画像

石窯&ドイツ窯の手作り真剣さ&種類の豊富さで大評判 盛岡というと冷麺やわんこそばなど麺料理が人気ですが、実は様々な料理が評判なのです。 中でもモーニングにうってつけと言われているのが『ミッシェル』。創業は1971年(昭和46年)。花巻が本店ですが、今回は盛岡の『
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・パン(ミッシェル大通店)』の画像

↑このページのトップヘ