ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(東北)

食感2時間の出来立てマドレーヌを南三陸「Ryo」で いかがでしたでしょうか?2泊3日宮城(石巻、気仙沼、南三陸)グルメの旅。 通常のグルメ旅とは違い、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた地ゆえに、行く先々でさまざまなドラマがありました。 でも、あれから10年
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】番外編・お山のマドレーヌ(オーイング菓子工房Ryo)』の画像

一流割烹の腕を活かす南三陸町の蕎麦「すがわら」 南三陸町の「すがわら」。もともとはご自宅で店をなさっていましたが、3年前に現在の志津川字本浜町に移転。 威風堂々とした一戸建てに、駐車場も。店内からは南三陸町の海岸が見え、眺めも素敵な蕎麦店です。 ご主人の菅
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・蕎麦(すがわら)』の画像

複合店舗施設「南三陸ハマーレ歌津」で「うたつがね」の天丼 「南三陸ハマーレ歌津」。震災後の復興商店街「伊里前福幸商店街」のあった地に、2017年4月にオープンした、飲食店やお土産店、衣料品店、酒店などが並ぶ複合店舗施設です。 「うたつがね」も、その一軒。 ご主
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・天丼(うたづがね)』の画像

気仙沼のご当地グルメ「気仙沼ホルモン」を「お福」で 気仙沼のご当地グルメの「気仙沼ホルモン」。 3つの特徴があって、まずは、ボイルせずに生の豚の小腸や大腸・ガツ、ハツや白モツなどを用いる。 次に、味噌ニンニクだれにて一緒に漬け込む。 そして千切りキャベツにウ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・気仙沼ホルモン(お福)』の画像

海産物で有名な気仙沼でもイチオシの魚料理店「福よし」 三陸沖で獲れたカツオ、サンマ、メカジキなど新鮮な海産物で有名な気仙沼市の中でも、全国区の有名度を誇る魚料理専門店といえば「福よし」です。 昭和53年(1978年)の創業で、震災後に向かいの当地に移転しました。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・魚料理(福よし)』の画像

移転したことすら分からないほどに再現した気仙沼「喫茶マンボ」 東日本大震災では気仙沼も甚大な被害を受けました。津波が街を襲い、タンカーから重油が流れ出し、大火災が起きました。 「喫茶マンボ」は昭和26年(1951年)の創業。やはり津波に逢い、2014年に数十m移転し
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・イチゴババロア(喫茶マンボ)』の画像

産地直送ではなく産地!石巻は渡波で焼き牡蠣を堪能 宮城県石巻市渡波、万石浦は垂下式牡蠣養殖発祥の地で、種牡蠣の産地としても全国に名を轟かせる場所。 その「石巻漁業協同組合 石巻湾支所 万石浦鮮かき工場」の向かいにあるのが「かき小屋 渡波」です。 ご主人の寺岡
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・牡蠣(かき小屋 渡波)』の画像

石巻の食材の良さも集結した寿司割烹「竹乃浦」のスペシャル 有限会社飛翔閣。宮城県石巻市の企業で、寿司割烹やブライダルなどを経営。金華山沖のとりたての新鮮な素材をぞんぶんに使用した、石巻ならではの美味しいお料理を提供しています。 それにしてもお城のような建
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】1日め・寿司(竹乃浦)』の画像

石巻で独特の二度蒸しやきそば 石巻駅の目の前にあるピンク色の大きな建物。 かつて百貨店がありましたが、建物を利用して現在は石巻市役所となっています。 その南側の国道398号線の向かいにあるのが「麺舗かのまたや」。 創業が明治8年という、まさに老舗の製麺所で、直
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】1日め・石巻やきそば(麺舗かのまたや)』の画像

スパイス&マーボー麺で大評判。石巻の「しぇんろん」 JR石巻駅から徒歩約2分。白を基調とした清潔感ただよう麺料理店です。 ご主人の地紙慎二さんは宮城県の出身で、福島・郡山の中国料理店「珍満」や仙台の「中国酒家」で腕を揮い、独立。東日本大震災の1年前である2010
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】1日め・マーボー麺(しぇんろん)』の画像

↑このページのトップヘ