ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(中国・四国)

お土産は高松空港2階の四国航空sky-Jで♪ いかがでしたでしょうか?高松・小豆島2泊3日グルメの旅。香川のグルメと言っても、讃岐うどん、骨付鳥はもちろん、お寿司や丼、讃岐タンメンに至るまで多岐に渡っていて美味しくて楽しい3日間になりました! さて、今回も番外編
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】番外編・お土産(高松空港・四国航空 sky-J(ロビー店))』の画像

高松で骨付鳥とお刺身が一緒に味わえる 香川に来たら外せない料理、それは讃岐うどんと、骨付鳥。でも骨付鳥は丸亀市の名物なのでとお思いの皆様、いえいえ高松市にも有名店があるんです。そのうちの1軒が『蘭丸』。 ご主人は新田圭三さん。もともと佐川急便の長距離トラ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】3日め・骨付鳥(蘭丸)』の画像

代は変われど「かしわバター丼」は健在! 香川のご当地グルメといえば、讃岐うどん、骨付鳥などが有名ですが、高松市ではずっと前から人気の丼があります。ご当地というより、ご当店ですね。オンリーワン的な丼。それが『武内食堂』の「かしわバター丼」です。 場所はJ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】3日め・かしわバター丼(武内食堂)』の画像

朝6時から高松市で王道の讃岐うどんをいただく 香川県内には約800軒のうどん店があり、美味なる有名店も数多いです。その中から、今回は高松市のことでん瓦町駅から徒歩約7分のところにある『手打十段 うどんバカ一代』にご訪問です。 ご主人は見谷章さん。10数年勤めた
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】3日め・うどん(手打十段うどんバカ一代)』の画像

小豆島の食材が活きる日本料理を堪能 小豆島の土庄港から約2㎞。徒歩でも20数分の海岸通りに、ひときわ目を引く、堂々たる日本料理店『島活』。 店内にはお琴の音色が優しく流れ、上質な空間が広がっています。 檜のカウンターも素敵ですね。 個室もあり、日本庭園を
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】2日め・日本料理(島活)』の画像

小豆島の棚田を眺めながら、おにぎり定食 高松港からフェリーで約1時間のところに小豆島があります。人口約28000人の島で、そうめん、醤油、ごま油、オリーブなどの生産で知られ、また小説「二十四の瞳」でも有名。 『こまめ食堂』は、小豆島の中央部、 2010年の夏に開幕し
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】2日め・定食(こまめ食堂)』の画像

くつろげる雰囲気で、和気藹々と鉄板焼を楽しむ JR高松駅付近から南北に走る大通りの中央通り。その東側に平行に走るのが高松丸亀町商店街です。北は高松三越、南はグリーンというショッピングモールもあり、屋根付きのアーケード街で、ちょっと洒落た雰囲気。 その一画、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】1日め・鉄板焼(Grill Plancha)』の画像

野菜たっぷり!鶏濃厚タンメンで大評判! うどんやラーメンに限らず、炭水化物は美味しいですが、ウィークポイントがあります。それは、単体だと栄養バランスが偏ってしまうという点。特に香川県民の野菜摂取量が女性は全国ワースト1位、男性がワースト2位と低いことから
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】1日め・讃岐タンメン(いち瑠)』の画像

↑このページのトップヘ