ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

その他の料理(中国・四国)

素材と丁寧さが決め手の広島「長田屋」の「長田屋焼」 広島ご当地グルメの代表格、お好み焼き。広島市内だけでも約900軒あるといわれ、それぞれにファンがいるという素敵なグルメです。 今回伺ったのは原爆ドームからほど近い「長田屋」。 店内は昭和30年代の建物をコンセ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編3】2日め・長田屋焼(長田屋)』の画像

三次の新名物グルメ「三次唐麺焼」を「たむ商店」で 三次市(みよしし)は広島県北部に位置する、人口約5万人の市です。 「霧の町」と称されるほど霧が発生する地で、企業の工場のほか農業なども盛んで、ワイナリーもあり、観光的にも人気のスポット。 こちらで今、話題の新
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編3】1日め・三好唐麺焼(たむ商店)』の画像

川崎町の果樹園で地元旬野菜中心のランチバイキング 川崎町の大ヶ原の山を分け入った先に、『ラピュタファーム』は、あります。 運営なさっているのは杉本利雄さん。両親が営んでいる果樹園の中に、観光農園を作ったのが最初だそう。今では自然いっぱいの癒し空間で、美
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】2日め・ランチバイキング(ラピュタファーム)』の画像

昨晩は、5月1日から7月31日まで広島県で開催される「広島てっぱんバルキャンペーン」の告知イベント、広島「食」のトークショー&試食会が、東京銀座にある広島アンテナショップの「TAU」で開催されました。 たくさんの応募のなかから当選された40名の皆さん。 MCはお笑
『【無事終了】銀座でトークショー(広島てっぱんバル)』の画像

小豆島の棚田を眺めながら、おにぎり定食 高松港からフェリーで約1時間のところに小豆島があります。人口約28000人の島で、そうめん、醤油、ごま油、オリーブなどの生産で知られ、また小説「二十四の瞳」でも有名。 『こまめ食堂』は、小豆島の中央部、 2010年の夏に開幕し
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】2日め・定食(こまめ食堂)』の画像

夏のカキオコは牡蠣じゃないin岡山・日生 「晴れの国」というキャッチフレーズがあるほど、岡山県は晴れている日が多い。この日も朝から良い天気だ。JR岡山駅周辺に宿泊していた僕は、ちょこっと時間があき、ならば、と電車に乗って日生(ひなせ)へと向かった。 日生は「カ
『【岡山・日生】浜屋みっちゃん(カキオコ)』の画像

本物の天ぷらをリーズナブルに提供し続ける 広島グルメ2泊3日の旅もいよいよ最後の1軒となりました。ラストに向かったのは、天ぷら料理の『田丸』。“天ぷら食堂”と書かれているのは、和食や天ぷらといった「敷居の高さ」を感じさせない、気軽に本格天ぷらを楽しめるお
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編2】3日め・天ぷら(田丸)』の画像

大正時代から続く、まさに老舗のおでんやさん 創業は大正13年。割烹料理店から始まり、おでんが特に人気となり、今ではおでんの店に。それが薬研堀に店を構える『権兵衛』。 カウンターの1階と、3人からの個室や大広間の2階があります。 娘婿である4代目の児
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編2】2日め・おでん(権兵衛)』の画像

長年通うファンも多い、夜の街“流川”の餃子店 繁華街の流川で、ずっと変わらぬ人気を誇る餃子店といえば『流川餃子センター』です。 なにせ創業が昭和36年。もう50余年、常にファンが通い詰める1軒。 店内は細く長いスタイル。カウンターのみで、奥にオープンタ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編2】2日め・餃子(餃子センター)』の画像

↑このページのトップヘ