ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

肉料理(東北)

花巻空港でプライムポークのハンバーグや安比高原のソフトが! いかがでしたでしょうか?岩手グルメ2泊3日の旅。 雄大な自然に囲まれた盛岡で、麺料理をはじめ、海の幸、山の幸、そしてパンや地ビールなど。美味なる毎日を満喫♪ さて、今回も番外編です。やはりJALといえ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】番外編・花巻空港レストラン(レストラン安比高原)』の画像

最高品質の山形牛ロースすきやきを味わう 山形には様々な美味なる食材がたくさんあります。さくらんぼ、ラ・フランスに代表される果物やトビウオ(アゴ)などの海産物。そして米沢牛や山形牛などの肉類。 今宵、訪れたのは、明治26年創業の老舗精肉店『金澤屋牛肉店』。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編2】1日め・すきやき(金澤屋牛肉店)』の画像

秋田を代表する羽後牛の焼肉で大満足 秋田2泊3日グルメの旅も、いよいよ最後の1軒となりました。 秋田空港から羽田空港への最終便JAL168便は、20:45発。まだまだ時間があるので、ラストというのに“しっかりと秋田を堪能”です。 向かった先は、中通2丁目にある「秋田
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【秋田編】3日め・焼肉(秋田 牛玄亭)』の画像

安くて旨い!駅前の新名所 もつ焼き『丸昌』 仙台グルメ2泊3日の旅もいよいよ最後の1軒となってしまいました。 夜もだんだんと暗くなってきました。仙台中心部には9つの商店街があり、その中で仙台駅に一番近く、東西に入っているアーケードの商店街がハピナ名掛丁
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・もつ焼き(丸昌)』の画像

創業以来60余年、ハンバーガーを作り続ける ハンバーガーは、皆さんご存知のように、丸いパンの間にハンバーグを挟んだ料理です。 元祖は諸説ありますが、1904年にアメリカはセントルイス万国博覧会の会場で売り出したのが最初ともいわれています。 日本に大々
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・ハンバーガー(ほそや)』の画像

熟成牛たんは柔らかくて旨みも秀逸 仙台には様々なご当地料理がありますが、その筆頭ともいえるのが「牛たん」。 なにせ仙台駅の、いわゆる「エキナカ」の3階には「牛たん通り」と呼ばれる、牛たん専門店が軒を連ねる場所があるほど(隣は「すし通り」で、海産物も人
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】1日め・牛たん(味楽)』の画像

アメリカンダイナーに、青森の奥深さを知る 陸奥湾の新鮮な海産物などで栄えた青森市。 青函連絡船が往来する青森市。 駅前の昭和的な雰囲気の「青森銀座」で、おでんをつまみながら日本酒をたしなむ。そんな青森市。 それが私の青森市の一番強いイメージでした。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編】1日め・バーガー(HotLips)』の画像

明治34年創業の老舗で、厳選山形牛すき焼き! おはようございます。山形グルメ旅、2日めです。 山形駅から徒歩3分。1階は精肉店、そして2階では山形牛料理が味わえる『佐五郎』。今日はランチタイムにお伺いしました。 階段を上り、2階に入るとテーブル席
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編】2日め・山形牛(佐五郎)』の画像

十和田の中でも珍しき、十和田湖和牛を用いたバラ焼きを満喫 さぁ、クルマは八戸を後にして、今度は十和田市へと向かいます。 青森は広く、距離はありますが、渋滞が少なくて走りやすいのもいいですね。 そして今度、向かった先は・・・ 「道の駅 奥入瀬ろまんパ
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[青森編]2日め・十和田バラ焼き(味蕾館)』の画像

↑このページのトップヘ