ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

やきとり(中国・四国)

松山でやきとりといえば『てんぐ』。3店舗あるけど、隠れ家に。 松山の繁華街、大街道の東側、三番町の通り沿いに大きなてんぐのお面が掲げられています。それが目印。松山で有名なやきとり店『てんぐの隠れ家』。 市内には姉妹店の『てんぐ屋敷 桃太楼』『黒てんぐ』
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【松山編2】2日め・やきとり(てんぐの隠れ家)』の画像

真っ当な岡山やきとりを倉敷美観地区で味わう 倉敷の本町。この界隈は、もともと街道筋として商人が行き交っていた通り。昔ながらの倉敷格子の窓や白壁が連なり、今も当時の面影を残しています。 古くから続く日本酒の蔵元がありました。「萬年雪」で知られる森田酒
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岡山編】2日め・やきとり(高田屋)』の画像

今、躍進中の骨付鳥を高松市で満喫 香川県のグルメといえば「讃岐うどん」は有名ですね。と、ともに、昨今、躍進中なのが「骨付鳥」です。 『一鶴』が元祖と言われ、丸亀市を中心として広がりを見せていて、郄松市内でも様々な店舗で提供されています。 県外の方はご
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【香川高松編】3日め・骨付鳥(寄鳥味鳥)』の画像

倉敷で味わう珍しき蒸し焼きスタイルのやきとり 私は全国やきとり連絡協議会のアドバイザー、そして東京・大手町のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」の名誉館長でもあるので、全国のやきとり店に興味津々です。 今回の岡山編でも、珍しいやき
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岡山編】1日め・やきとり(金平)』の画像

さきほど山口県長門市より帰宅しました! やきとり「ちくぜん」さんに伺って、美味しいやきとりを食べてたら、 絶対行ったほうがいいよと教わって 「ひさご」さん 最高!! おばあさんひとりで40年。6席くらいしかない、やきとりやさん。 長門のや
『山口県長門市へ』の画像

出雲で半世紀。伝説のやきとり店 さて、出雲松江の旅2日めも、宵の口に。 今回の旅で、どうしても来たかった店舗があります。 私は全国やきとり連絡協議会のアドバイザーでして、 3月22日に東京・大手町にオープンした、ご当地やきとりテイスティングパーク「
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【出雲松江編】2日め・やきとり(ひな忠)』の画像

大和製作所での講演のあと、夜は藤井社長に連れられて、6名で丸亀の名店「一鶴」(丸亀土器川店)へ。 実は藤井社長は野菜中心の食事をなさっています。 なのになぜ?というと、 それは僕が 「一鶴に行ったことがない〜」と口走ってしまったためです(汗) 社長
『一鶴(丸亀土器川店)』の画像

↑このページのトップヘ