ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

やきとり(九州・沖縄)

熊本ならではの天草大王を用いたやきとりを堪能 「熊本和数奇司館(くまもとわすきつかさかん)」というホテルが熊本市の上通町にあります。 もともとは1895(明治28年)年に創業した司ホテルを前身に、2006年に同名に改称し、全館リニューアルした歴史を感じるホテルです
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【熊本編】1日め・やきとり(焼鳥 とさか)』の画像

熱い想いを宮崎のやきとりに注ぐ!! 南国情緒たっぷりの宮崎は鶏料理も有名です。やきとりも、鶏もも肉を開いて焼く「もも焼き」と、細かく切ったあとに炭火焼にする「鶏炭火焼き」の2種類あり。 繁華街の中央町にある『ぐんけい 隠蔵』。蔵のような重厚な雰囲気が
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編2】やきとり(ぐんけい隠蔵)』の画像

種子島産の“インギー地鶏”を求めて、南種子町の食堂に来た 種子島には様々な食材がありますが、実は、地鶏もあるのです。 それが“インギー地鶏”。それを求めて、やってきたのが南種子町にある『美の吉』。 創業約50年の大御所的な食堂で、ビジネスホテルなども経
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島編】2日め・インギー地鶏(美の吉)』の画像

最後は、博多駅前で種類豊富な串が自慢のやきとり店 たまごかけごはんから始まり、水だき、ラーメン、鯛茶漬け、スイーツ、パンなど、美味なる様々な料理を堪能してきた福岡2泊3日グルメの旅ですが、いよいよ最後の料理となりました。 それは……やきとり! 僕は
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】3日め・やきとり(夢市門)』の画像

福岡名物「とりかわ」を味わう みなさんは福岡の名物「とりかわ」をご存じでしょうか? やきとり店に存在し、最近では専門店まで誕生する、いわゆるブームになっています。 「やきとり屋さんに行くと、よくある、あの「とりかわ」でしょ?」とお思いかもしれません
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【北九州市編】1日め・とりかわ(権兵衛)』の画像

沖縄では珍しき「立吞み」スタイルのやきとり店 ちょっと前まで、沖縄は日本で唯一、鉄道が無い県と言われていました。 どのくらい前かというと、たった10年前です。 僕は25年位前に初めて沖縄に旅行で来ました。移動はバスでしたねー。 2003年に「ゆいレール
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【那覇編】1日め・やきとり(西乃屋)』の画像

福岡やきとり半世紀。店名の由来も聞いてみた♪ おはようございます!福岡2日め。 昨日は赤坂、天神を食べ歩きましたが、 今日はそれよりやや東側の、中洲、西中洲をウロウロ。 まずは西中洲にある「藤よし」へ向かいます。 この界隈は古くから料亭や割烹料理店
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】2日め・キジ焼弁当(藤よし)』の画像

ダルム・ヘルツ・センポコ…久留米やきとりって… 夜になりました。 久留米といえば先ほど頂いた久留米ラーメンの他にも、様々な有名なグルメがあります。特に今、注目なのが「やきとり」。やきとり店の数が人口比率だと日本一(愛媛県今治市、山口県長門市という説など
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】1日め・久留米やきとり(うえ野)』の画像

↑このページのトップヘ