ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

カレー(九州・沖縄)

関門海峡を眺めながら、優雅に焼きカレーを堪能 関門海峡に面した門司港は明治22年に開港しました。北九州は当時から炭鉱が盛んな地で、かつては外国客船も数多く入出港した港。今でも街を歩けば、歴史的建造物が随所に。中でもJR門司港駅は大正3年にドイツ人のヘルマン・
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】2日め・門司港焼きカレー(陽のあたる場所)』の画像

↑このページのトップヘ