ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(九州・沖縄)

先日、佐賀は多久市にある「麺工房こうき」に伺いました♪ 陶芸家の店主による自家製うどんは、九州産小麦粉を用た、もちもち食感で美味しかったです! 九州産アゴやイリコ、追いガツオなどで仕上げたスープもあっさりで、まさに五臓六腑に染み渡るという表現がぴったり。 麺
『【うどん】麺工房こうき(佐賀・多久)』の画像

先日、鹿児島は鹿屋で「生うどん つちや」に伺いました! 香川で修業を積んだ店主による、うどん専門店です。 香川県の最高級うどん専用粉を使い、毎日手打ち&延ばすうどんは、むちむち食感で後をひきます。 だしには日高昆布や伊吹イリコの他、枕崎産鰹節、宗田鰹、鯖節な
『【うどん】生うどん つちや(鹿児島・鹿屋)』の画像

県庁前に誕生。高レベルうどん「INDIGO」 沖縄、特に那覇は都会ゆえに多種多様な日本の料理も味わえます。でも、やはり少ないのが“うどん”。と思ってたら2019年6月に注目の新店がオープン。それが『INDIGO』。 うどん店というよりダイニングレストラン的な雰囲気
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄編】3日め・うどん(INDIGO)』の画像

うどんはもちろん、屋久杉の工芸品も必見! 屋久島には空港の他、安房と宮之浦の2か所の港があり、鹿児島港に航路があります。両地域とも繁華街とまでは行きませんが、ちょっとした賑わいが。『屋久どん』は、その安房にある飲食店です。 敷地はとても広くて、屋久杉を祀
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】1日め・うどん(屋久どん)』の画像

長崎港ターミナルで、朝7時からうどんが味わえる! 長崎県には五島列島や伊王島などの島があり、長崎港ターミナルから船で行くことができます。ユネスコ世界文化遺産に登録された軍艦島への周遊&上陸コースも。 そんな長崎港ターミナルの1階にあるのが、うどん屋さん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・うどん(南蛮亭)』の画像

宮粼の夜型釜揚げうどんシーンを牽引 みなさんは、宮粼の夜の料理というと、何を思いうかべるでしょうか? 居酒屋さん、〆のラーメン、宮崎地鶏…… もちろん、それらも人気が高いですが、有名なのは“うどん”です。 そんな宮崎の夜のうどんシーンを牽引するのが
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編2】1日め・うどん(戸隠)』の画像

優しい味わいの鍋焼きうどんに癒される おはようございます。松山2日めです。 今日は松山を代表するご当地グルメの「鍋焼きうどん」をいただきに向かいます。 伊予鉄松山市駅の東側に続く「銀天街アーケード」を進み、「銀天街GET」を通り過ぎたあたりの左側に細
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【松山編】2日め・うどん(ことり)』の画像

読売ジャイアンツ御用達の釜揚げうどん店 かつて宮崎市の青島といえば、新婚旅行の代表地でした。今から50年位前ですね。まだ1ドル360円の、海外旅行は夢の世界とも言われた頃。1960年に島津久永・貴子(昭和天皇の第五皇女)夫妻が新婚旅行で青島を訪れ、1
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編】3日め・うどん(岩見)』の画像

↑このページのトップヘ