ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(九州・沖縄)

長崎港ターミナルで、朝7時からうどんが味わえる! 長崎県には五島列島や伊王島などの島があり、長崎港ターミナルから船で行くことができます。ユネスコ世界文化遺産に登録された軍艦島への周遊&上陸コースも。 そんな長崎港ターミナルの1階にあるのが、うどん屋さん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編】2日め・うどん(南蛮亭)』の画像

宮粼の夜型釜揚げうどんシーンを牽引 みなさんは、宮粼の夜の料理というと、何を思いうかべるでしょうか? 居酒屋さん、〆のラーメン、宮崎地鶏…… もちろん、それらも人気が高いですが、有名なのは“うどん”です。 そんな宮崎の夜のうどんシーンを牽引するのが
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編2】1日め・うどん(戸隠)』の画像

優しい味わいの鍋焼きうどんに癒される おはようございます。松山2日めです。 今日は松山を代表するご当地グルメの「鍋焼きうどん」をいただきに向かいます。 伊予鉄松山市駅の東側に続く「銀天街アーケード」を進み、「銀天街GET」を通り過ぎたあたりの左側に細
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【松山編】2日め・うどん(ことり)』の画像

読売ジャイアンツ御用達の釜揚げうどん店 かつて宮崎市の青島といえば、新婚旅行の代表地でした。今から50年位前ですね。まだ1ドル360円の、海外旅行は夢の世界とも言われた頃。1960年に島津久永・貴子(昭和天皇の第五皇女)夫妻が新婚旅行で青島を訪れ、1
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編】3日め・うどん(岩見)』の画像

大分に住みたくて讃岐うどん店を開店 大分駅から徒歩約7分程度の場所に大分市役所があります。その西方の都町が、大分一の歓楽街。その一画に、話題のうどん店があると聞き、訪問しました。 夜は結構、ネオンが輝く歓楽街のようですが、昼間に通れば、ほのぼのとし
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【大分編】2日め・うどん(へんろみち)』の画像

ダシの旨み、麺のしなやかさ。福岡のうどんは優しさ溢れる 昨今は讃岐うどん全盛です。全国各地で「讃岐」の看板を掲げたうどん店が、ずらり。ずら〜り。 でも、福岡は違います。 そこには独特のうどん文化である「博多うどん」が。 せっかく福岡にいるのですか
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】2日め・うどん(しん田)』の画像

丸天をオーダーごとに揚げるうどん店が登場! 福岡といえば「博多ラーメン」「久留米ラーメン」などの他、「戸畑ちゃんぽん」など麺料理もご当地として人気の地。その中で、最も歴史があるのが「博多うどん」です。 何せ博多区上川端町の『かろのうろん』は明治15年(1882
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編】3日め・博多うどん(丸天うどん専門店 万平)』の画像

↑このページのトップヘ