ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

肉料理(北海道)

ソウルフード復活!釧路「ジョイパックチキン」 「ジョイパックチキンが2018年11月30日に閉店」 その事実は釧路市民にとってとても衝撃的な出来事だったそう。 スーパー・ヒロセが新たな事業展開として1970年代に柳町に1号店を開店(途中で閉店)。 そしてビッグハウス釧路
『【ザンギ】10軒め「ジョイパックチキン」(テイクアウト)』の画像

釧路は末広町の「あけぼの」には、こだわりの「塩麹ザンギ」あり 釧路市の末広町といえば、釧路一の繁華街。 「あけぼの」も、その一画にあります。 レトロ調の外観で、内装も木の温もりが活きる和みの空間がひろがっています。 カウンターやテーブル、小上がりなどで、ゆ
『【ザンギ】8軒め「あけぼの」(こだわり系)』の画像

釧路「たま鳥」のこだわり系ザンギ(ザンタレ) 釧路市住之江町の株式会社 田村鶏卵。 その敷地内にある直営の居酒屋さんです。 オープンして23年め。カウンターと小上がりが4卓。 炭火で焼いた串焼きがメインですが、その日に仕入れた新鮮な魚介をお刺身にし、一品料理など
『【ザンギ】7軒め「たま鳥」(こだわりザンギ)』の画像

器からはみ出している驚愕の「YamYam」のザンギ弁当 釧路や帯広、札幌などに展開する「YamYam」。 ボリュームたっぷりのお弁当として知られ、根強いファンも多いテイクアウト店。 今回は創業店である海運店へ訪問しました。 隣にラーメン店「麺笑 八武屋」も
『【ザンギ】6軒め「YamYam」(ザンギ弁当)』の画像

釧路駅構内のおにぎり屋さん「ばんばん」でもザンギ弁当あり その名のとおり「ばんばん」はJR釧路駅構内(改札の外)にある、おにぎり屋さんです。 代表の森田融子さんは、もともと鳥取神社近くの鳥取大通でお弁当屋さんをなさっていたそう。 「ある時、JRの方が来て、おに
『【ザンギ】5軒め「おにぎり屋 ばんばん」(ザンギ弁当)』の画像

お得すぎるコースにも含まれる「いながき」のザンタレ ご主人は、海上自衛隊に入隊後、料理の世界に魅せられ阿寒や千葉、東京の割烹料理やさんで修業を積んだあとに、札幌や釧路のホテルで腕を磨き、30歳の時に独立なさったそう。 「最初は近くの、カウンターのみの小さな
『【ザンギ】4軒め「いながき」(ザンタレ)』の画像

ザンタレ元祖は驚愕の600g超!釧路町の「南蛮酊」 ザンギはソースにつけて味わうのが最初でしたが、「ザンタレ」という、揚げたザンギに直接に大量のタレをかけて提供するスタイルが誕生しました。 その元祖が「南蛮酊」です。 創業は今から40数年前。 藤野邦雄さんが釧
『【ザンギ】3軒め「南蛮酊」(ザンタレ)』の画像

「鳥松」一番弟子の内間木さんが守るザンギ専門店「鳥善」 ほぼカウンターのみの店内で、料理メニューは「ザンギ(骨つき)」「ザンギ(骨なし)」「唐揚げ(もも)」くらい。 まさにザンギ専門店です。 ご主人は5年間の公務員生活の後、「鳥松」の創業者の味に魅せられ、弟子入
『【ザンギ】2軒め「鳥善」(ザンギ)』の画像

こんにちは、はんつ遠藤です。 僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。 先日、北海道の釧路に伺いました! 人口約16万4000人で、道内179市町村のうち第6位。海産物や鶏料理、スパカツなどのご当地グルメと、料理面でもさまざまな良さを兼ね備
『【釧路ザンギ】目次』の画像

↑このページのトップヘ