ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮(北海道)

朝から豪華な海鮮丼などをお得に味わう 釧路では朝食をいただける飲食店が数十軒あります。ホテルも朝食付きだったりも。そんな中、今、話題なのが「釧ちゃん食堂」。釧路港の「くしろ水産センター」1階。観光客や地元の方はもちろん、漁業関係者も訪れます。 JR釧路駅の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】3日め・海鮮丼ほか(釧ちゃん食堂)』の画像

牡蠣の生産者・中嶋さんの話も楽しいオイスターバー 厚岸で生まれ育ち、三代に渡り牡蠣業を営んでいる中嶋均さん。 昭和50年代の牡蠣の大量斃死事件をきっかけに全力を支えるようになったそう。 そんな中嶋さんが自身の会社であるカキキンの2階に開設したのがオイスター
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・オイスターバー(牡蠣場)』の画像

厚岸を一望の特等席で、フレッシュな牡蠣を食べ比べ 水族館や総合展示販売、魚介市場、レストランなどが一堂に介する「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」。道の駅的な厚岸の一大スポットで数多くの観光客も訪れます。コンキリエとは貝殻のこと。駐車場も広いですが、厚岸駅
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・オイスターバー(ピトレスク)』の画像

寿司も美味!牡蠣を約20個使用したコースも美味! 釧路駅周辺から東方向にクルマで約1時間の地に厚岸町があります。千島列島からの親潮や汽水湖である厚岸湖などにより、サンマや昆布、鮭など数十種類もの豊富な海産物に恵まれた地。特に厚岸産の牡蠣はブランドとして全国
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・牡蠣コース(桜亭)』の画像

メインは蟹!そして鯨や新鮮なお刺身なども堪能 <本文> 釧路の繁華街・末広町「絹」。1階は郷土料理、2階はすし・旬の味と銘打っていますが、両階とも同じ料理が堪能できます。何といっても釧路の新鮮な魚介類に定評のある1軒で、東京豊洲から直送の食材なども。豊富なメ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】1日め・海産物(絹)』の画像

大正15年創業。釧路を代表するお寿司屋さんでランチ 大正15年創業。老舗にふさわしい風格や随所に気配りが感じられる心やわらぐ和空間。お酒を片手に板前さんとの会話を楽しんだり、美味なるお寿司をいただけるカウンター席を始め、センスあふれる和の趣きの半個室やテーブ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】2日め・寿司(八千代本店)』の画像

はこだて自由市場のカフェで海鮮丼! 函館は空港も市内にあって、しかも近く、バス路線も発達していたり、市電が走っていたりと交通機関が便利に機能しているので、グルメ旅にもうってつけです。 もちろんレンタカーを借りれば、市内各地に行けるし、お隣の北斗市に出
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編2】1日め・海鮮丼(COFFEE マルシェ)』の画像

閉店しました 料理や握りなどに真剣さがみなぎる 2014年11月、すすきのに彗星の如く現れた1軒の寿司店があります。それが『鮨 絲』。 店主は東京•札幌の名店で腕を磨いた寿司職人歴35年以上の伊藤信夫。お客様一人ひとりのリクエストに応える柔軟な接客と、旬の食材
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌小樽編3】2日め・寿司(鮨 絲)』の画像

海を眺めながら、ウニパスタやウニあんかけ丼を堪能 JAL知床グルメ2泊3日の旅も、いよいよ最後の1軒となりました。 斜里町、ウトロ地区を回って、様々な美味なる料理を頂きました。ラーメン、肉料理、海鮮料理……。でも、名物のウニは、まだ。というのも、ウニ漁は4〜
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【知床編】3日め・GVO(ウニ料理)』の画像

ウトロで最古の郷土料理店が作る“さけ親子丼”は、まさに絶品 ウトロ地区は鮭の定置網漁法で有名な地。毎年、かなりの鮭が捕獲でき、歴史も古い地域です。そんなウトロで一番古い郷土料理店といわれるのが『一休屋』。 もともとは神社のたもとにありましたが、30数年
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【知床編】3日め・一休屋(さけ親子丼ほか)』の画像

↑このページのトップヘ