ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮(北海道)

蕎麦も海産物も地場の知床産にこだわる 知床の地場産を活かした海鮮和食が堪能できる『しれとこ里味』。知床でしか味わえない逸品が数多く揃っていると聞き、訪問です。店名は、地元斜里の味、清里の味を提供することからつけたそう。 店内はカウンターもあり、ひ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【知床編】1日め・海鮮&蕎麦(しれとこ里味)』の画像

和モダンの隠れ家的創作料理店で、鮨Dining 温故知新的な要素を大切にした 『 鮨Dining KIYOMASA』は、ネオジャパニスク調の和モダンの隠れ家的創作料理店。 「お客様の「満足」と食の「感動」をもとめて飲食事業や不動産事業を展開する、清和グループの1軒。他にも『
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】3日め・鮨Dining(KIYOMASA)』の画像

網走一の老舗居酒屋は優しさも溢れる 網走には約30軒の居酒屋さんがありますが、その中でも一番古くから続いているといわれているのが『富士』です。創業は約半世紀前。そう聞くと、老舗で格式高くて入りづらいイメージを持たれるかもしれませんが、実は真逆。優しさと
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】3日め・郷土料理(富士)』の画像

ウニ漁の船も飾られた店内で、炉端焼き 地元・網走などで獲れた蟹や魚を炭の炉で焼き、家庭的な雰囲気の中でおひとりでもお仲間とでも気軽に楽しく味わえる炉端料理店『五十集屋』(いさばや) 店内には大きな船が飾られていて、びっくり。 伺えば、昭和30年代に礼
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】2日め・炉端焼き(五十集屋)』の画像

全国の日本酒を飲みながら、熱々の炭火焼や鍋を堪能 網走駅から徒歩約15分。夜の繁華街に鮮やかなネオンの看板が輝いています。『居酒屋 和助』。オホーツク海から、その日に水揚げされる新鮮な魚介類の焼き物を紀州備長炭を使い、提供なさっています。 店内は、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】2日め・海鮮焼&海鮮鍋(和助)』の画像

素敵な雰囲気が美味しさに拍車をかける 網走には炉端焼きのような焼き物を提供する店舗もあります。 こちら『喜八』も、その1軒。2012年発行のミシュランガイド北海道でビブグルマンを獲得した店舗で、店内は照明を落とした大人の雰囲気。カウンターが照明で照らされて
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】1日め・鯨&炉端焼き(喜八)』の画像

様々な雰囲気を持つ店内&地元魚介が映える定番〜創作一品料理など 網走の夜の街に、ハワイを彷彿とさせるような外観が輝いています。 店内に入れば、トロピカルな雰囲気と和が一体化したようなカウンターやテーブル席が。 こじんまりとしているのかな、と思
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】1日め・創作料理店(SaWa)』の画像

↑このページのトップヘ