ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮(北海道)

ウニ漁の船も飾られた店内で、炉端焼き 地元・網走などで獲れた蟹や魚を炭の炉で焼き、家庭的な雰囲気の中でおひとりでもお仲間とでも気軽に楽しく味わえる炉端料理店『五十集屋』(いさばや) 店内には大きな船が飾られていて、びっくり。 伺えば、昭和30年代に礼
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】2日め・炉端焼き(五十集屋)』の画像

全国の日本酒を飲みながら、熱々の炭火焼や鍋を堪能 網走駅から徒歩約15分。夜の繁華街に鮮やかなネオンの看板が輝いています。『居酒屋 和助』。オホーツク海から、その日に水揚げされる新鮮な魚介類の焼き物を紀州備長炭を使い、提供なさっています。 店内は、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】2日め・海鮮焼&海鮮鍋(和助)』の画像

素敵な雰囲気が美味しさに拍車をかける 網走には炉端焼きのような焼き物を提供する店舗もあります。 こちら『喜八』も、その1軒。2012年発行のミシュランガイド北海道でビブグルマンを獲得した店舗で、店内は照明を落とした大人の雰囲気。カウンターが照明で照らされて
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】1日め・鯨&炉端焼き(喜八)』の画像

様々な雰囲気を持つ店内&地元魚介が映える定番〜創作一品料理など 網走の夜の街に、ハワイを彷彿とさせるような外観が輝いています。 店内に入れば、トロピカルな雰囲気と和が一体化したようなカウンターやテーブル席が。 こじんまりとしているのかな、と思
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【網走編】1日め・創作料理店(SaWa)』の画像

「ジュンドック」の有名店が、代がわりして移転、リニューアル! みなさんは旭川名物と言われる「ジュンドック」をご存じでしょうか?旭川市民なら知らない人はいないとまで言われるテイクアウトのご当地グルメ。 実はこれ、1977年創業である美瑛の洋食屋さん『純平』
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【富良野美瑛編】1日め・洋食&Cafe(じゅんぺい)』の画像

旅の締めくくりにぴったりの創作日本料理 札幌グルメ2泊3日の旅も、いよいよ最後の1軒となりました。 新千歳空港から羽田へ向かうJAL最終便は、21:20発。 ということは、新千歳空港に20:17に到着する、JR札幌駅19:40発のエアポート194号に乗れれば間に合います。 とい
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌編】3日め・日本料理(をとわ)』の画像

suEzouの2号店はお刺身と炭火焼、イタリアンにこだわる 「札幌狸小路商店街」。通称:狸小路(たぬきこうじ)は、北海道最古の商店街のひとつ。明治6年頃からそう呼ばれるようになったとか。 西1丁目から西7丁目まで、約900mも続くロングアーケードです。 その西側の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌編】2日め・居酒屋(suEzou JAPAN)』の画像

北海道・札幌で真っ先に向かう寿司店 新千歳空港から目的地である札幌市へは、JR快速エアポートに乗れば40分弱の近さです。今回の札幌グルメ旅はまず、札幌駅のJR TOWER,PASEO(パセオ)というショッピングセンターにある、お寿司屋さんからスタート♪ PASEOは札幌
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌編】1日め・寿司(花まる)』の画像

↑このページのトップヘ