ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

肉料理(九州・沖縄)

畜産を知り尽くした店主による霧島「地鶏の里 永楽荘」 鹿児島空港まで車で約15分の距離ながら住宅地の奥の山あいで、「本当に、ここ?」と不安になるほどの道のり。でもそこには「地鶏の里 永楽荘」という焼肉や鶏料理などが大評判の1軒が佇んでいます。 ご主人の田中松
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島(大隅半島)編】3日め・焼肉&鶏料理(地鶏の里 永楽荘)』の画像

到着後すぐの入店者も多い鹿児島空港3階「キッチンさつま」 全国の空港には地元の食材を用いたりご当地グルメを提供する、素晴らしいレストランが数多くあります。鹿児島空港も、しかり。 「キッチンさつま」も、その1軒。2000年4月にオープンした、国内線3階にある洋食
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島(大隅半島)編】1日め・黒豚メンチカツ(キッチンさつま)』の画像

沖縄市の老舗鉄板焼「四季」でステーキ 沖縄は一時期アメリカだったこともあり、各地にステーキ店が多いです。那覇にももちろん有名店が何軒も。でもどうしても伺いたかったのでクルマを走らせて沖縄市へ。向かったのは『四季 園田本店』。創業は1972年。社長は當山政順さ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄編】3日め・ステーキ(四季)』の画像

オーシャンビューでの食事は最高 長い海岸線が続く種子島でも、海の見えるレストランは少ないです。しかもオンザビーチとなると希少。でも「eastcoast」は青い海を見ながら食事ができるのです。 しかも2階なので、眺望も素晴らしき。ちなみにサーフィンやダイビングショ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】3日め・レストラン(eastcoast)』の画像

西之表市の隠れ家的なカフェレストラン 種子島は西之表市の、わかさ公園。鉄砲伝来を記念して名づけられた公園で、市街地にも近く、多くの市民の憩いの場としても知られています。日本・ポルトガル修好記念碑などのほか、戦没者慰霊塔や相撲場、テニスコートが松の緑の中に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【種子島2】3日め・ハンバーグ(cafe 南帆)』の画像

小倉で人気のスペイン料理&バル 小倉駅から北九州モノレールで1駅の平和通駅から徒歩約1分。『Volver』は、東京都内&大阪6店舗のグループ店をもつ新宿老舗の姉妹店。1階は開放感溢れる空間。2次会はもちろん、各種宴会も可能なスペースです。そして2階には4名の雰囲気抜
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】2日め・スペインバル(Volver)』の画像

福智町の実家に戻り、炭火焼のステーキなどを提供 カーナビに住所を入れて途中の看板を頼りに走っても不安になるほど、まさに超隠れ家。 それが『炭火・鉄板焼 ステーキ&ハンバーグ くずはら』。 まさに田畑や自然に囲まれた平屋建ては、福智町の中でも最高レベルの
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】1日め・ステーキ(くずはら)』の画像

先日、福岡は警固の「たっちゃん」に伺いました♪ ホルモン料理店で経験を積み、独立。昼から新鮮なホルモンを用いた料理や一品料理で、アルコールも楽しめます! 牛テールベースで、小腸やシマチョウなど4種類のもつと豚バラ肉も入った野菜たっぷり「もつチャンポン」も
『【福岡】福岡・たっちゃん(ホルモン&ちゃんぽん)』の画像

↑このページのトップヘ