ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

居酒屋BAR(九州・沖縄)

呉服町駅至近の博多町家で、ほっこりと鍋料理などを 福岡市地下鉄呉服町駅より徒歩約5分。築約130年の博多町家である古民家(酒屋)を活かした酒舗『みねとこ』。店名ロゴは日本を代表するイラストレーター・画家の黒田征太郎氏の作品です。 店内に入れば、カウンターごし
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】3日め・酒舗(みねとこ)』の画像

小倉駅至近で創業以来60余年、変わらぬ人気を誇る JR小倉駅にほど近い魚町の銀天街にある『酒房 武蔵』。1953年の創業当時から殆ど変わらぬ外観&店内で、60余年もファンを魅了し続けています。 1階のカウンターも良いですが、2階の掘りごたつスタイルのお座敷も、昭和の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】2日め・居酒屋(酒房 武蔵)』の画像

生産者の顔が見える食材使用の、完全個室創作dining 宮崎市の橘通り周辺、特に千草町や高松町、橘通西、中央通り界隈は、宮崎県随一の繁華街。その高松町の一画にサカモトブライトビルがあります。創作居酒屋やラウンジなどこだわりの飲食店が。『THE 萬喰 dining(ざ ばん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編3】2日め・創作dining(THE 萬喰 dining)』の画像

200種類のアルコールや様々な料理。週末などはライブハウスにも 鹿児島県には鹿児島市内に天文館という繁華街がありますが、2番目に栄えている夜の街は?と聞かれると、答えられない方も多いかも。実は、それが奄美市の名瀬なのです。以前ほどは活気が無くなったとはいえ、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編2】1日め・Bar&レストラン(ASiVi)』の画像

食材の良さが久米島料理などに活きる 久米島には「リゾートホテル久米アイランド」という素敵なホテルがあります。イーフビーチから徒歩1分。白を基調としたホテルの雰囲気は、まさにリゾートという名に相応しき。その系列の飲食店が『南島食楽園』です。 コンセプトは、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】1日め・居酒屋(南島食楽園)』の画像

最後は全員で踊って一体化。唄者、西和美さんの『かずみ』 旅先の醍醐味といえば、美しい風景や観光、美味しい料理などが挙げられますが、それにも増して楽しいのが地元の方々とのふれあい。今宵は、そんな素敵な出会いがありました。 奄美市名瀬末広町にある『かずみ』。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編】1日め・郷土料理(かずみ)』の画像

数十年続く外国人バーで“トリプルガールズ”がお出迎え 佐世保2日めの夜も更けてまいりました。今宵はBarに向かいましょう。 佐世保は在日米軍基地もあり、アメリカ人も多い地。ゆえに他の街とは違った、「外国人バー」と呼ばれる、いわゆる、アメリカ人がよく訪れるB
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【佐世保編】2日め・外国人バー(ウェスタナ)』の画像

↑このページのトップヘ