ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

旅行(中部)

お土産に最適なセントレア「銘品館」で「とろける抹茶クッキー」 いかがでしたでしょうか?名古屋グルメ2泊3日の旅。 “名古屋めし”の宝庫ゆえ、さまざまなご当地料理などが堪能できた魅惑の3日間でした。関東からも関西からも近く、近年は中部国際空港(セントレア)もどん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】番外編・お土産(銘品館)』の画像

八事マダムにも大人気。クラシカルな王道のスイーツ 1982年、フランス料理「レストラン・シェ・コーべ」より独立。名古屋では老舗の本格的フランス菓子店。パティシェの手作りにこだわって、クラシカルな王道のフランス菓子を追い求め、一つ一つのお菓子を丁寧に仕上げてい
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編】3日め・洋菓子(PATISSERIE Chez KOBE)』の画像

名古屋名物エビフライがさらに巨大でワクワク 通称“名古屋めし”には多種多様ありますが、そのほとんどが“主食の料理”です。味噌煮込みうどん、ひつまぶし、あんかけスパなど。でも中には“単体”タイプも。例えば手羽先、そしてエビフライ。 ということで、エビフライ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編】3日め・ジャンボエビフライ定食(欧味)』の画像

「世界の山ちゃん」唯一の、料亭風バージョン 今や名古屋のみならず札幌、東京など首都圏、中部圏、京都、大阪、広島、熊本、そして香港その他海外にも進出している「幻の手羽先」で超有名な「世界の山ちゃん」。気軽に寄れる居酒屋的な見せ方で、各地で大評判です。 そん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】2日め・手羽先ほか(山)』の画像

創業117年。老舗の手打ちうどんを守り抜く 名古屋名物のひとつ、味噌煮込みうどん。市内には多くの提供うどん店があり、それぞれに良さがあります。威風堂々たる風格の店舗、地元に根付いた店舗、それぞれにファンが。 名古屋市営地下鉄桜通線車道駅ちかくの筒井町商店街に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】2日め・味噌煮込みうどん(岩正)』の画像

極上モチブタロースとんかつ&とろみの活きる味噌ソース 名古屋名物には、全国区の知名度を誇るグルメがたくさんあります。「味噌かつ」も、しかり。通常のとんかつに、特製の味噌ダレ(味噌ソース)がかかっているというものなのですが、一度味わうと抜け出せない魅力があり
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】1日め・味噌かつ(矢田かつ)』の画像

販売は10〜6月のみ。くちどけ重視の「わらび餅」 徳川家康が城下町を整備し、開府してから400余年。歴史ある名古屋には本当に様々な和菓子店があります。その中で昭和39年創業と、他店に比べればまだ歴史は浅いですが、大評判の1軒が、こちら「芳光」(よしみつ)。 創業者
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】1日め・わらび餅(芳光)』の画像

手でちぎるゆえに海老が馴染む「かき揚丼」 昭和48年創業。創業者の水谷警氏は、東京・新橋の天ぷら店「光村」で修業を積んで、名古屋にて独立しました。当初は現在の場所よりも一本入ったところで7坪の小さなお店だったそう。20数年前にこちらへ移転。1階はカウンター席と
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編2】1日め・かき揚丼(光村)』の画像

↑このページのトップヘ