ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(中国・四国)

蕎麦の高橋名人のもとで修業を積み、地元・愛媛で独立 蕎麦打ちの名人と言われる方に高橋邦弘さんが、います。 『一茶庵』で修業に入り、店主、片倉康男氏のそば教室の師範代を務め、独立。山梨や広島で『翁』(のちの『達磨 雪花山房』)という店舗を構えて、自らは全国
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【松山編2】1日め・蕎麦(いよ翁)』の画像

自然豊かな山北で、陶芸&蕎麦を楽しむ 高知龍馬空港は南国市にあります。JR高知駅までは西方に約15km、クルマで約30分の距離です。でも今回は、まず、真逆の東方へと向かいます。お隣の香南市にあるお蕎麦やさん『わび助』。空港からだと約10km、クルマで約20分。 「
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高知編2】1日め・蕎麦(わび助)』の画像

阿波おどり会館で、阿波へんろそばを堪能 徳島は、いわずとしれた「阿波おどり」で有名な地。「阿波おどり会館」もあって、実演も見る事ができます。会館の裏手は眉山という標高290mの山で、会館の5階からロープウェイで登ることができます。 そのロープウェイの乗
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【徳島編】3日め・蕎麦(眉山)』の画像

湯田温泉でおばんざいとお酒、そして〆に、そば 山口市の湯田温泉は、山陽路随一の温泉街として知られています。約600年前、白狐が毎夜温泉に浸かっていたところをお寺のお師匠さんが発見したのが最初といわれています。詩人、中原中也の生誕地としても有名で、今では大
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山口宇部編】2日め・酒肴蕎麦(咲乃華)』の画像

うどん県で、真っ当な蕎麦を味わう 高松市美術館の南側。通りを挟んだ向かいの建物の2階に、『そば処 古川(ふるかわ)』は、あります。 外観はコンクリート打ち放しのスタイリッシュな雰囲気。 そして、店内に入れば、木の温もりが活きるテーブルが並ぶ、素敵な空
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【香川高松編】2日め・蕎麦(古川)』の画像

産地にもこだわる手打ちそば さて、出雲といえば一番有名なご当地グルメは、出雲そばでしょう。 その由来は江戸時代から。出雲大社などの門前で発達し、それが現代まで通じている、由緒正しきご当地グルメ。 今でも市内には約60軒もの蕎麦店が存在し、それぞれ根強
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【出雲松江編】2日め・そば(そば処 神門)』の画像

↑このページのトップヘ