ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮(東北)

複合店舗施設「南三陸ハマーレ歌津」で「うたつがね」の天丼 「南三陸ハマーレ歌津」。震災後の復興商店街「伊里前福幸商店街」のあった地に、2017年4月にオープンした、飲食店やお土産店、衣料品店、酒店などが並ぶ複合店舗施設です。 「うたつがね」も、その一軒。 ご主
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・天丼(うたづがね)』の画像

海産物で有名な気仙沼でもイチオシの魚料理店「福よし」 三陸沖で獲れたカツオ、サンマ、メカジキなど新鮮な海産物で有名な気仙沼市の中でも、全国区の有名度を誇る魚料理専門店といえば「福よし」です。 昭和53年(1978年)の創業で、震災後に向かいの当地に移転しました。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・魚料理(福よし)』の画像

産地直送ではなく産地!石巻は渡波で焼き牡蠣を堪能 宮城県石巻市渡波、万石浦は垂下式牡蠣養殖発祥の地で、種牡蠣の産地としても全国に名を轟かせる場所。 その「石巻漁業協同組合 石巻湾支所 万石浦鮮かき工場」の向かいにあるのが「かき小屋 渡波」です。 ご主人の寺岡
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・牡蠣(かき小屋 渡波)』の画像

石巻の食材の良さも集結した寿司割烹「竹乃浦」のスペシャル 有限会社飛翔閣。宮城県石巻市の企業で、寿司割烹やブライダルなどを経営。金華山沖のとりたての新鮮な素材をぞんぶんに使用した、石巻ならではの美味しいお料理を提供しています。 それにしてもお城のような建
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】1日め・寿司(竹乃浦)』の画像

養殖ひめますの旨味に驚く、十和田湖「とちの茶屋」 青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる十和田湖。最大水深326.8m、面積も全国12位という大きな湖です。 その湖畔に佇むレストランが「とちの茶屋」。向かいのお土産店「きむら」、隣のゲストハウス「十和田館」
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編2】3日め・ひめます料理(とちの茶屋)』の画像

「俵屋」で「殿丼」入りした“八戸前沖銀さば”を 東北新幹線の停車駅は八戸駅ですが、百貨店なども有する繁華街や市役所の最寄り駅は本八戸駅。 その北口徒歩約2分にあるのが「俵屋(たわらや)」。 創業は40数年前ですが、約4年前にこちらへ移転しました。 地元のデーリー東
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編2】2日め・八戸前沖銀さば(俵屋)』の画像

開店は朝6時!陸奥湊駅近くで海鮮丼が人気の「みなと食堂」 JR八戸線陸奥湊駅。駅前には小売店や卸売店が数多く存在し、活気あふれる朝市でも定評のある地です。 そんな陸奥湊周辺でひときわ人気なのが「みなと食堂」。駅から徒歩約4分、なんともレトロな雰囲気がふんだん
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編2】2日め・海鮮丼(みなと食堂)』の画像

寿司店一筋の親方が国分町で握る 仙台の国分町と言えば東北屈指の繁華街。その一画、定禅寺通りと広瀬通りを結ぶ晩翠通りにある寿司『百々(どど)』。 親方の百々宏二さんは、塩釜の出身。 「小さい頃から寿司屋になるのが夢だったんです」と笑うとおり、まさに寿司店主が
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】1日め・寿司(百々)』の画像

創業半世紀以上の名店で、名物「納豆巻き」を 盛岡市には約100軒の寿司店があります。その中で創業が昭和30年代、今も人気の『三寿司』へと足を運びました。総本店と大通本店、大通支店がありますが、今回は菜園にある総本店へ。威風堂々とした雰囲気も素敵です。 店内に
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】3日め・寿司(三寿司)』の画像

↑このページのトップヘ