ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(東北)

盛岡に来たなら、ぜひ「わんこそば」体験を 盛岡名物、わんこそば。多くの方が一度は聞いたことがあるでしょう。盛岡に来たならばぜひ体験してみたいもの。そこで、門を叩いたのは『東家 本店』。明治40年創業の老舗そば店です。 1階は普通のおそば屋さん。手打そばや、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・わんこそば(東家 本店)』の画像

20年前に食堂から、山寺を代表する蕎麦店へ JAL山形2泊3日の旅。山形空港に着いた僕は、レンタカーを借りて、一路、山形市内へと向かいます。空港は東根市にあり、山形駅までは約20kmと、クルマで約40分の距離。ですが、今回は中間地点的な山寺へと向かいます。 山寺は、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編2】1日め・蕎麦(美登屋)』の画像

自然に囲まれて手打ちそば&郷土料理を堪能 秋田2泊3日グルメの旅も3日め。いよいよ最終日です。今日はお蕎麦やさんからスタート! 田園地帯の広がる自然豊かな地、添川。そこにポツンと佇む隠れ家のような「そゑ川」。 “自然を愛し、自然を食す”がコンセプト。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【秋田編】3日め・蕎麦(そゑ川)』の画像

空気を水を環境を大切に蕎麦を打つ 全国津々浦々に蕎麦店があり、各地でご当地蕎麦が確立されています。 山形もそのひとつ。従来から「板そば」と呼ばれるタイプを提供する蕎麦店がたくさんあります。食べログで「山形市 蕎麦」で検索すると159軒! 『羽前屋』
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編】3日め・蕎麦(羽前屋)』の画像

JAZZを聞きながら、風味の良い手切りの二八蕎麦を 秋田の旅、2日め。 昨日は美郷町を回りましたが、今日と明日は秋田市内です。 秋田には美味しいお蕎麦やさんも多いです。 その中から、以前から気になっていた1軒へとクルマを走らせました。 その名は「
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【秋田編】2日め・蕎麦(うさぎや)』の画像

↑このページのトップヘ