ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(東北)

福島県須賀川市には きゅうりの名産地、須賀川で開発されたご当地グルメ 「須賀川かっぱ麺」というのがあると聞き、現地へ。 向かった先は蕎麦店の「ニュー芭蕉苑」 「須賀川かっぱ麺」をいただきました。 こちらではきゅうりの搾り汁を練りこんだ爽やかな薄緑色の麺に
『【蕎麦】ニュー芭蕉苑 (福島・須賀川)』の画像

以前に秋田県の西馬音内にある「弥助そば」に取材に伺ったことがあります。 創業文政元年の超老舗蕎麦店です。 懐かしいな〜、と思っていたら、なんと秋田駅前にも提携店があると聞き、訪問しました! 経営は、全国に約100店舗を展開する株式会社ドリームリンク。 いただ
『【蕎麦】弥助そば 秋田総本店(秋田・秋田)』の画像

先日、山形市の「肉そば まるり」に伺いました! いただいたのは「冷たい肉そば」 庄内産の親鶏がベースの冷たいツユに、しっかりとしたコシを携えたそば。 コリコリの親鶏の食感もよかったです♪ 手作りタルタルソースのかかったミニからあげ丼とのセットがイチオシと
『【蕎麦】肉そば まるり(山形・山形)』の画像

一流割烹の腕を活かす南三陸町の蕎麦「すがわら」 南三陸町の「すがわら」。もともとはご自宅で店をなさっていましたが、3年前に現在の志津川字本浜町に移転。 威風堂々とした一戸建てに、駐車場も。店内からは南三陸町の海岸が見え、眺めも素敵な蕎麦店です。 ご主人の菅
『【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・蕎麦(すがわら)』の画像

先日、秋田駅構内(改札外)にある「しらかみ庵」に伺いました♪ 仕出しや駅弁の老舗、明治35年創業「関根屋」による駅そば店です。 カウンター&テーブル席あり。 そば、うどん、丼など種類豊富ですが、今年も「温・白神ねぎそば」が復活してました!! ふわりと節類の風味た
『【蕎麦】しらかみ庵(秋田・秋田)』の画像

最寄駅は七戸十和田駅。手打ちの“十一そば”をいただく 東北新幹線で青森方面へ向かうと、八戸駅の次が七戸十和田駅です(停車しない便もあり)。自然豊かな地ですが駅前には駐車場完備の「道の駅しちのへ」や、町役場周辺には七戸城址なども。 「そば茶房 といち」は創業以
『【青森編2】3日め・蕎麦(そば茶房 といち)』の画像

盛岡に来たなら、ぜひ「わんこそば」体験を 盛岡名物、わんこそば。多くの方が一度は聞いたことがあるでしょう。盛岡に来たならばぜひ体験してみたいもの。そこで、門を叩いたのは『東家 本店』。明治40年創業の老舗そば店です。 1階は普通のおそば屋さん。手打そばや、
『【岩手編】1日め・わんこそば(東家 本店)』の画像

20年前に食堂から、山寺を代表する蕎麦店へ JAL山形2泊3日の旅。山形空港に着いた僕は、レンタカーを借りて、一路、山形市内へと向かいます。空港は東根市にあり、山形駅までは約20kmと、クルマで約40分の距離。ですが、今回は中間地点的な山寺へと向かいます。 山寺は、正
『【山形編2】1日め・蕎麦(美登屋)』の画像

自然に囲まれて手打ちそば&郷土料理を堪能 秋田2泊3日グルメの旅も3日め。いよいよ最終日です。今日はお蕎麦やさんからスタート! 田園地帯の広がる自然豊かな地、添川。そこにポツンと佇む隠れ家のような「そゑ川」。 “自然を愛し、自然を食す”がコンセプト。 玄関
『【秋田編】3日め・蕎麦(そゑ川)』の画像

空気を水を環境を大切に蕎麦を打つ 全国津々浦々に蕎麦店があり、各地でご当地蕎麦が確立されています。 山形もそのひとつ。従来から「板そば」と呼ばれるタイプを提供する蕎麦店がたくさんあります。食べログで「山形市 蕎麦」で検索すると159軒! 『羽前屋』は大正
『【閉店】【山形編】3日め・蕎麦(羽前屋)』の画像

↑このページのトップヘ