ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

居酒屋BAR(東北)

美味しい肴と、笑顔溢れる楽しさで、話題沸騰中 東北一の大都市、仙台なので、市内には数多くの飲食店が存在します。夜の街という側面も強いため居酒屋も1000軒以上。 そんなにたくさんあるので、今や話題沸騰中、予約困難と言われるのが『居酒屋ちょーちょ』です。 木目
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・居酒屋(ちょーちょ)』の画像

カウンター越しで繰り広げられる藁焼きのかつおなど 繁華街、国分町に予約必須の居酒屋あり。場所は稲荷小路の1階。藍色の垂れ幕が目印の『阿古』。 親方の百武稔さんは、仙台市の出身。 「店名は、三宅島の地名なんですよ」と笑う百武さん。 伺えば、釣りが好きで各地
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・居酒屋(阿古)』の画像

ドイツの醸造設備で、岩手の地ビールを 岩手県盛岡市に、ドイツより移設した醸造設備を駆使し、ヨーロッパの伝統的な製法によるクラシックビールを造る『ベアレン醸造所』というブルワリーがあります。創業は2001年(平成13年)。 その地ビールが味わえるのが『BEER PUB BAER
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・ビアパブ(BEER PUB BAEREN)』の画像

居酒屋のご主人は、元・銀行の支店長 青森市を代表するご当地グルメといえば、煮干しラーメンが有名ですが、それと双璧をなすのが、「青森生姜味噌おでん」です。 それを求めて、やってきたのが本町にある『居酒屋 篤(とく)』。 時は昭和20年代。凍えるような
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【青森編】3日め・青森生姜みそおでん(篤)』の画像

秋田駅前で、かまくらと、なまはげに出会った 秋田の旅2日めも、いよいよ3軒め。 辺りはだんだんと暗くなってまいりました。 今宵も夜の街に繰り出す事と致しましょう。 向かった先は、JR秋田駅から徒歩3分のところにある「かまくらの郷(さと)」 豪雪地
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【秋田編】2日め・秋田料理(かまくらの郷)』の画像

↑このページのトップヘ