ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

パン(関西)

100種類以上のパンそれぞれに思い入れが 神戸にはパンやスイーツを扱う店舗が、とても多いです。 特にパンは文明開化とともに移住した外国人居留地とも密接に結びつき、神戸にとっても歴史の古い料理。明治2年には居留地に外国人向けのベーカリーがオープンしています
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【神戸編】2日め・パン(サ マーシュ)』の画像

↑このページのトップヘ