ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

やきとり(海外)

ソウルで本格的やきとりなら「文太郎」 「LINEショップ」を出て、梨泰院から漢南洞の方面へと大通りを歩くこと、約7分。 また日式やきとり店の研究は続きます。 見えてきたのは「文太郎(ムンタロウ)」。大きな赤い提灯が目印。”やきとり”の文字もあり、分かりやすい
『JALPAK×食べあるキング「韓国」【2日め】(その11)まさに日本のやきとり店。「文太郎」(韓国・ソウル)』の画像

まるでシモキタのお洒落なやきとり店みたい 韓国式やきとりの屋台はあるものの、着席スタイルの専門店は無いのかな?と調べていたのですが、 結局、分からず。却って出てきたのが、日式やきとり店の数々。 日式ラーメン店ほどではないにせよ、やはり韓国でもお馴染
『JALPAK×食べあるキング「韓国」【2日め】(その9)日式やきとりに来てみた。「ごう」(韓国・ソウル)』の画像

進化系の韓国やきとりを求めて経理団通りへ 広蔵市場で韓国の料理を学んだ後、もう少し韓国のやきとりを追求するべく、 電車を乗り継いで、緑沙坪駅へやってきました。 もともと米軍基地があった梨泰院の西隣駅のため、この界隈も国際的な雰囲気です。 中でも、
『JALPAK×食べあるキング「韓国」【2日め】(その8)進化系の韓国式やきとり!(韓国・ソウル)』の画像

台北には日式やきとり店が、わんさか!! 街を歩いていると至る所に鶏肉を出す店舗があります。 が、いわゆる「台湾式」のやきとり店って無いのかな? という素朴な疑問が。 すると鷹流ラーメンの鷹取さん曰く 「台湾式のやきとり(碳烤(タンカオ)は屋台で提供する料理」な
『台北201606旅行【その17】台北の日式やきとり店(台湾/台北)』の画像

↑このページのトップヘ